徳島新聞Web

7月21日(金曜日)
2 2
20日(木)
21日(金)
釣りだより
大島で32~36センチのイサギ6匹 20日・長潮   2017/5/20 09:17
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<大島>18日、上り潮から下り潮に変わった。水温20・3~21・5度。沖ソエで底物を狙った人が36センチのサンバソウと30センチのイシガキダイを各1匹。イサギは、本場回りの俵で30、32・5センチを2匹と30~33・5センチのグレ4匹。馬ノ背で30センチのグレ1匹。佐本回りのマナイタ地で23~28センチを8匹。ミッチャで25~30センチを3匹と33センチのアイゴ1匹。裏回りの桃ノ木で30、31・5センチのグレ2匹。桃ノ地で30~45センチのグレ4匹。平バエで32~36センチを6匹。

 <高知・甲浦>18日、水温20・7~21・3度。ミツバエ中で2人が24~27センチ主体に24~39センチのグレ15匹と37センチのアイゴ1匹。丸バエでは阿波市の天野芳隆さんがアカガイを餌に底物仕掛けで61センチ(4・2キロ)と63センチ(4・3キロ)の大型のイシダイ2匹を仕留めた。

 <恵比須浦>17日、水温19度。大辰巳周辺のハエで30~40センチのグレ13匹。近くでも30~35センチを3匹。

 <香川・一子島>17日、沖アミやネリ餌を使いフカセ釣りで38・7センチのチヌ1匹と30センチ前後のマダイ6匹。

 [船釣り]<伊島沖>18日、北の風が少し吹いた。水温17・5~19度。乗合船で出掛けた人らが30~46センチのアマダイ4匹と20~38センチのイトヨリ多数、サバ、アジ数匹。別の乗合船も55センチまでのアマダイ9匹とイトヨリ、ホウボウ、アジ、ガガネ数匹。

 <浅川沖>18日、南西の風が吹いたが穏やか。水温17・8度。沖のカケ釣りでタイラバージグでサオを出した人が20~60センチのマダイ7匹と30~35センチのイトヨリ3匹。大型のバラシが数回あった。

 [波止]<高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>18日、水温20・1~21度。沖側の消波ブロックで27~33センチのグレ1~10匹。またルアーではカンパチのアタリがあったが未確認。

 <今津漁港>17日、L字突堤の消波ブロックで早朝の3時間、沖アミを餌にウキ下2~3・5ヒロで20~30センチのグレ6匹と40センチのチヌ、30センチのキビレを各1匹。

 <橘漁港>17日、潮はあまり動かず笹濁り。8時半から16時までサオを出した阿南市の玉さんが市販の加工沖アミを餌にハリス1号チヌバリ1号のフカセ釣りでウキ下を5ヒロと深く探り45センチのキビレ1匹。同市の星さんも似た仕掛けで40センチのチヌと20センチのキビレを各1匹。15~20メートルほど沖でアタリがあった。(県釣連盟報道部)