徳島新聞Web

10月23日(月曜日)
2 2
22日(日)
23日(月)
釣りだより
宍喰で53センチのチヌ 22日・中潮   2017/5/22 09:27
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>20日、親睦釣り大会が行われ、32人が参加し、対象魚自由で釣り方別に4部門の総重量を競った。中央周辺で鳴門市の犬伏淳二さんが6980グラム(15~24センチのガガネを中型クーラー8分目)で探り部門1位。コーナー周辺で徳島市の橋口誠さんが4060グラム(カンダイ1匹)で落とし込み部門1位。同所で阿波市の大村茂稔さんが2745グラム(10センチ前後主体に15センチ前後も交じりイワシ約40匹)でフカセ釣り部門(サビキ釣り含む)1位。同所で徳島市の七條芳広さんが1740グラム(40センチのセイゴと同型のマゴチ2匹)でルアー部門1位。このほか40センチ前後のキビレや30センチまでのグレも上がり、探り釣りでは15~20センチを主体に3000グラム超と好釣果だった。
 
 <沖洲>20日、岸壁から14時半までに徳島市の井岡さんがサビキ仕掛けで10センチ前後のイワシと6センチ前後のミニアジで小型クーラー半分と釣ったイワシを餌に70センチのセイゴ1匹。
 
 <小松島港沖ノ一文字>20日、白灯で2人が合わせて40センチ前後のキビレ12匹と同型のアブラメ1匹。また、ルアーで80センチのスズキ1匹。中央で45センチのチヌ1匹。
 
 [磯]<中林>19日、エンバエでグレは、西で27、30センチを2匹と42センチのチヌ1匹、20~23センチのマダイ4匹。西の胴では阿南市の山下光夫さんが25~32センチを15匹と38センチのキビレ1匹、20~23センチのマダイ6匹。東の胴は25、28センチを2匹と37センチのキビレ1匹、20~23センチのマダイ3匹。
 
 <由岐>20日、風は穏やかだったがうねりが少しあった。水温19・8~20・2度。テグスで43~47センチのチヌ4匹。ムギバエは45センチを2匹と30~38センチのアイゴ4匹。
 
 <宍喰>20日、水温20・5~21・5度。大バエは53センチのチヌ1匹。クラセは40センチのイシダイ1匹。また、前磯側では場所は未確認だが30センチのグレ7匹と40センチの尾長グレ1匹。多数バラシがあったようだ。(県釣連盟報道部)