徳島新聞Web

8月21日(月曜日)
2 2
21日(月)
22日(火)
釣りだより
30~41センチのアマダイ8匹 伊島沖 28日・中潮   2017/5/28 10:18
このエントリーをはてなブックマークに追加

 26日、県南の海上は少し波があったが12時すぎから北西の風が吹きだし次第に収まった。阿南周辺の水温も18度を超え岸壁や波止でも本格的にチヌやキビレが食いだすだろう。釣行の際には安全のためライフジャケットの着用を心掛けたい。また、今後は気温も高くなるので水分補給なども忘れず注意したい。

 [船釣り]<伊島沖>26日、水温20度前後。乗合船で出掛けた2人が100~120号のオモリを付けたテンビン仕掛けでサオを出し28~48センチのオニカサゴ10匹と25~32センチのガガネ7匹。午前中で納竿した。仕立船で出掛けたグループはタイラバージグでアマダイを狙ってサオを出し30~41センチを8匹と20~33センチのマダイ3匹、20~30センチのイトヨリ5匹、45センチのサバ1匹。

 <津島沖>26日、下り潮が流れていたが次第に動かなくなった。水温20・1度。仕立船で出掛けた3人がルアーでヒラスズキを狙い54~80センチを3匹。

 [磯]<中林>26日、風もなく穏やかな釣り日和。エンバエ西の胴で阿南市の谷友二さんがハリス1・2号ウキ下1ヒロで25~30センチのグレ10匹。10時ごろにワラベ石トウフに替わり同型を16匹追加した。

 <大島>26日、少し波があり水温21・8度。港回りのフンドシで31、34センチのイサギ2匹。裏回りの平バエで30、33センチのグレ2匹。

 [イカダ]<高知・甲浦>26日、うねりを伴う波が少しあったが湾内は穏やか。水温20・1度。3号でアジを餌にアオリイカを狙った徳島市の人が0・85キロを1匹。

 [波止]<恵比須浜>25日、岸壁で日中アジを餌に取り込みにはヤエンを使い1キロのアオリイカ1匹。

 <香川・三本松>25日、雨が降り釣り人も少なかった。17時から1時間ほど赤アミを餌にサビキ仕掛けで20センチ前後のイワシ30匹余り。12センチ前後の小アジも少し交じった。人が少ないためマキ餌が少なくイワシの群れも居付かず回遊があるときに数匹食う程度で数は伸びなかった。

 <高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>24日、東の風で水温21・2~21・5度。赤灯付近の内向きで底物を狙った人らが40センチまでのイシガキダイを合わせて5匹。消波ブロックからルアーを投げた人が78センチのメジロ1匹。別の人も85センチを1匹。(県釣連盟報道部)