徳島新聞Web

12月16日(土曜日)
2 2
16日(土)
17日(日)
釣りだより
津島で53 ~76 センチのヒラスズキ8匹 10日・大潮   2017/6/10 09:58
このエントリーをはてなブックマークに追加

 梅雨前線の影響で未明まで雨が降った。海上ではうねりを伴い波が高く、休業した渡船が多かった。週末も天気が崩れる予報なので、雨具や熱中症対策をして安全な釣行を心がけてもらいたい。
 
 [船釣り]<伊島沖>8日、水温19・5度。北の風が強く吹き、うねりを伴い波が高かった。水深70メートル前後の場所でタイラバージグを使い35センチのシロアマダイと43センチのマダイを各1匹と35~48センチのアマダイ3匹。
 
 <津島>8日、水温21度で上り潮。2人がルアーを使い53~76センチのヒラスズキ8匹と72センチのメジロ1匹。
 
 [イカダ]<ウチノ海>8日、沖アミを餌にカカリ釣りで30センチのチヌ2匹と40センチのマダイ1匹。7日は沖アミとサナギを餌に26~45センチのチヌ7匹と26~29センチのキビレ4匹。
 
 [波止]<津田沖ノ一文字>8日、うねりがあり波が高かった。赤灯周辺でルアーを使い45センチのセイゴ1匹。中央周辺でも60センチのスズキ1匹。コーナー周辺でも55センチを1匹。通称ジャンボではイガイを餌に落とし込みで40センチのチヌと35センチのキビレを各1匹。ハリはずれが2回あった。
 
 <和田島漁港>8日、赤アミを餌にサビキ仕掛けで6~7センチのマメアジ約200匹余り。同行の人も約190匹余り。周辺でもよくサオを曲げていた。
 
 [友釣り]<海部川>8日、少し増水したが濁りはなかった。大井周辺で9時から7時間、10~20センチのアユ36匹。別の人も同型を25匹。
 
 [潮入り川]<新町川>8日、日没後の1時間、両国橋下流左岸で3・5グラムのジグヘッドに赤色のチヌ用ワームを使い36、38センチのキビレ1匹。(県釣連盟報道部)