徳島新聞Web

8月22日(火曜日)
2 2
22日(火)
23日(水)
釣りだより
津島で63センチのイシダイ 18日・小潮   2017/6/18 10:08
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<大島>16日、水温21・8度で、潮の動きは安定しなかった。裏回りのタタミで28~33・5センチのグレ6匹と30センチのイサギ1匹。田所で28~33センチのグレ6匹。本場回りの象ノハナで50センチのコロダイ1匹。佐本回りのゴマでは底物仕掛けで40~50センチのイシダイ3匹。大バエでは40センチのイシガキダイ1匹。
 
 <津島>16日、水温22・3度で潮の動きは悪かった。1番では底物仕掛けで48~63センチのイシダイ3匹。
 
 <高知・甲浦>16日、水温22・7度で波は穏やかだった。ミツバエ中で27~35センチのグレ18匹。エボシで35センチのイサギ1匹と30センチのグレ1匹。長兵衛で33センチのイサギ1匹。赤灯台では底物仕掛けで35センチのイシガキダイ2匹。
 
 [波止]<椿泊湾>16日、早朝の3時間、赤アミを餌にサビキ釣りで6~10センチのアジを60匹。付近で別の2人連れがサビキ釣りで同型のアジを合わせて100匹前後。同所で11時から約4時間半、イシゴカイを餌に投げ釣りで15~18センチのキス13匹。
 
 <和田島>16日、大手海岸で7時から約4時間、イシゴカイを餌に投げ釣りで20~30メートル沖を狙い15~23センチのキス19匹。付近で沖アミを餌にフカセ釣りで25~28センチのグレ3匹と32センチのキビレ、23センチのガガネを各1匹。
 
 <小松島港>16日、夜明け前の約2時間、常夜灯付近で赤アミを餌にサビキ釣りで5~9センチのアジ50匹。表層から中層ではアタリが少なく底付近を探っての釣果。
 
 [ルアー]<勝浦川>15日、河口部左岸で日没後の約1時間半、9センチのシンキングミノウと6インチストレートワームのジグヘッドリグを併用して56、76センチのスズキ2匹。
 
 <大松川>16日、野鳥公園周辺で15時から日没まで10グラムのラバージグとスピナーベイトを併用して35~48センチのブラックバス5匹と55センチのライギョ1匹。
 
 <新町川>16日、かちどき橋下流部で日没後の約2時間、ザリガ二型ワームのジグヘッドリグで33、39センチのキビレ2匹。(県釣連盟報道部)