徳島新聞Web

10月19日(木曜日)
2 2
18日(水)
19日(木)
釣りだより
伊島沖で83センチのメジロ 28日・中潮   2017/6/28 09:16
このエントリーをはてなブックマークに追加

 26日、県内の海上は波があり出船を見合わせた渡船業者もあった。

 [イカダ]<ウチノ海>26日、前日の雨の影響はなかった。ヤカタでマダイは、ヨウセイエビを餌に34~56センチを5匹。別のヤカタで沖アミを餌にフカセ釣りで58センチを1匹と45センチのチヌ1匹。近くでも58センチを1匹と20~25センチのアジ20匹。小サバの回遊があるようだがサシ餌を工夫すれば良型のマダイは期待できるだろう。

 [磯]<大島>26日、渡船2隻で釣り人は3人。水温21・5度。波があり本場回りは上がれなかった。港回りのフンドシで山口魚影会の山田利明さんがハリス1・5~1・7号、グレバリ6号のフカセ釣りで27~37センチのイサギ10匹と30、35センチのアイゴ2匹。磯際は餌取りが多く遠投して釣り、午前中は3~4ヒロで釣れたが午後からは7~9ヒロと深く探った。

 [船釣り]<伊島沖>26日、仕立船で出掛けた人らが釣った魚を餌に83センチのメジロ1匹と70センチのサワラ2匹、アジ多数。別の船はジギングで65~95センチのサワラ6匹と40センチのアオハタ1匹、30~35センチのイトヨリ3匹。自家用船で出掛けた阿南市の人が13時から約3時間、小魚の群れを探しメタルジグを投げ60、70センチのサワラ2匹。別の船は16時から2時間ほどサオを出した阿南市の2人がハリス1・7号、グレバリ6~8号のフカセ釣りで30~37センチのイサギ16匹と45センチのグレ1匹。潮の流れが速かったのでウキを沈めて80~150メートル流してアタリがあった。

 <愛媛・日振島沖>25日、仕立船で出掛けた阿南市の矢野さん、板敷さん、好川さんが水深20~40メートル付近をハリス5号、グレバリ6~8号でズボ釣りをし45~52センチのグレ7匹と70センチのメジロ1匹、25センチ前後のアジ3匹、50センチを頭に24~48センチのイサギ152匹。24日はマダイが好調だったようだ。

 [波止]<和田島漁港>26日、笹濁りで水潮気味。8時半から2時間ほど地元の人がイガイを餌に落とし込み仕掛けでサオを出し35~45センチのチヌ3匹。雨の影響か食いが悪くアタリも小さいようだ。周辺では少しチヌの姿も見え出し本格的なシーズンも近いようだ。また沖アミを餌にフカセ釣りも面白そうだ。

 <恵比須浜>25日、少し波があり少し水潮気味で笹濁り。午後からサオを出した人がアジを餌に取り込みにはヤエンを使い2・3キロのアオリイカ1匹。(県釣連盟報道部)