徳島新聞Web

12月17日(日曜日)
2 2
17日(日)
18日(月)
釣りだより
大島で28~38センチのイサギ9匹 2日・小潮   2017/7/2 08:47
このエントリーをはてなブックマークに追加

 30日、徳島県は梅雨前線が西日本を北上し暖かく湿った空気が流れ込み雨や雷雨の所があった。

 [磯]<大島>30日、下り潮で水温22~22・6度。裏回りのバタフライで28~38センチのイサギ9匹。田所で28~40センチのグレ3匹と32、38センチのイサギ2匹、25センチのアイゴ5匹。本場回りのピストルで32~33センチのイサギ3匹。ソエバは底物仕掛けで40センチのイシガキダイ1匹。

 [波止]<那佐湾>30日、13時から約3時間、沖アミをマキ餌にサシ餌には市販のネリ餌と沖アミを併用したフカセ釣りで10~15メートル沖を狙い38、46センチのチヌ2匹。付近で赤アミを餌にサビキ釣りで7~15センチのアジを150匹。

 <浅川港>29日、10時から約5時間、イガイとカニを併用した落とし込み釣りで33~44センチのチヌ4匹とハリ外れでバラシ3回。

 <椿泊湾>30日、10時から約6時間半、赤アミを餌にサビキ釣りで8~12センチのミニアジを250匹。付近でアオイソメとパッチンを併用してチョイ投げで38センチのチヌと31センチのキビレを各1匹。

 <小松島港>29日、日没後の約2時間半、赤アミを餌にサビキ釣りで7~10センチのアジ100匹前後。付近で竿を出していた別の4人が同型のアジを各自80~150匹。

 [潮入り川]<勝浦川>30日、勝浦川勝浦浜橋河口で夜明け前の約2時間半、アオイソメを餌にウキ釣りで25~34センチのキビレ3匹と40センチのセイゴ1匹。

 <吉野川>30日、四国三郎橋下流部で17時から約2時間半、アオイソメとパッチンを併用してチョイ投げで20~30メートル沖を狙い30~38センチのキビレ3匹。

 [ルアー]<大松川>30日、野鳥公園周辺で13時から約4時間、14グラムのスピナーベイトで35~48センチのブラックバス4匹と60、65センチのナマズ2匹。護岸と平行に仕掛けを巻いてくるとアタリがあった。

 <新町川>29日、かちどき橋下流部で日没後の約2時間半、ザリガニ型ワームのジグヘッドリグで36、43センチのキビレ2匹。

 <吉野川>30日、吉野川大橋下流部で早朝1時間半、9センチのシンキングミノウで68センチのスズキ1匹と針外れでバラシ1回。表層から中層でアタリがあった。(県釣連盟報道部)