徳島新聞Web

8月18日(金曜日)
2 2
18日(金)
19日(土)
釣りだより
40~52センチのチヌ6匹 津田沖ノ一文字 6日・中潮   2017/7/6 09:56
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>4日、南東の強い風。安全を確認して通称ジャンボへ8時半ごろ渡った人が、イガイを餌に落とし込み釣りで40~52センチのチヌ6匹。波風がさらに強くなったので12時前に納竿。3日には同所で同じ仕掛けを使い、38~54センチのチヌ34匹と好釣果。同行の人は40~48センチのチヌ15匹。白灯周辺では3人がサビキ釣りで6~10センチのアジをそれぞれ約150匹。赤灯周辺でも同様の仕掛けで同型を3人が10時までに各自約500匹。その後、チョイ投げで20~25センチのキス5匹。別の2人が15~22センチのガガネを各15匹。同所周辺では30センチ前後のマアジが回遊しており、9~10号ぐらいのハリのサビキで専門に狙えば面白い。

 <小松島港沖ノ一文字>3日、波風ともに穏やか。中央周辺でフカセ釣りで40センチのチヌ1匹。白灯周辺では25センチ前後のグレ10匹。

 [磯]<宍喰>3日、南西の風が次第に強くなり、波が少々あった。水温22・7度。前磯側でカゴ付き仕掛けで35、38センチのヘダイ2匹。その後底物狙いに変えて28センチのイシガキダイ1匹。別の人は25~30センチのグレ8匹と30センチのカンパチ1匹。

 [イカダ]<由岐>3日、波風ともに穏やか。水温21・6度。フカセ釣りで25~30センチの本ハゲ10匹。30、35センチのアイゴ2匹。2日には25~29センチの本ハゲ9匹と46センチのチヌ1匹。

 [友釣り]<勝浦川>3日、上沖野周辺は平水より20センチ程度高かったが濁りはなかった。14~21センチのアユ25匹。福原橋周辺は25センチ高かったが濁りはなかった。8時すぎから15時までサオを出した勝浦町の横山さんが15~18センチのアユ43匹。

 <海部川>3日、本流は増水で釣りにならず、相川谷で8時から7時間釣り歩いた人が12~21センチのアユ31匹。別の人は11時から4時間釣り歩き20センチ前後を21匹。支流での釣りは1カ所で数多く釣れることは少なくないので、広範囲を探り歩くといいようだ。2日には同所周辺で7時から8時間で12~20センチを33匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>2日、終日波風ともに穏やかだった。仕立船で5人がタイラバージグで25~45センチのマダイ26匹。(県釣連盟報道部)