徳島新聞Web

8月18日(金曜日)
2 2
18日(金)
19日(土)
釣りだより
大島で64センチのイシダイ 9日・大潮   2017/7/9 09:21
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<大島>7日、下り潮が流れ、水温23・8度。裏回りのバタフライで32センチのイサギ1匹。平バエでは底物仕掛けで64センチのイシダイ1匹と35センチのイシガキダイ1匹。櫂投回りのジイでも底物仕掛けで35センチのイシガキダイを1匹。

 <津島>7日、上り潮が流れ、水温24・3度。底物仕掛けで狙った人がワレスベリでバフンウニを餌に56センチのイシダイ1匹。サンカクではガンガゼを餌に37、42センチのイシダイを2匹。

 <高知・甲浦>7日、曇りのち晴れで波が少しあり、水温は23・5~24・0度。エボシは底物仕掛けで36センチのイシガキダイ1匹。赤灯台でも30、35センチのイシガキダイ2匹。ビシャゴ西ではアジを餌に取り込みにはヤエンを使用して0・6~1・1キロのアオリイカ6匹。

 [波止]<牟岐港>7日、8時から約6時間、イガイとカニを併用した落とし込み釣りで38~49センチのチヌ6匹。付近で沖アミをマキ餌にサシ餌には沖アミと市販のネリ餌を併用したフカセ釣りで42、46センチのチヌ2匹。

 <椿泊湾>6日、日没後の2時間半、アオイソメとイワシの切り身を餌にチョイ投げで45~55センチのアナゴ4匹と28、33センチのキビレ2匹。付近で赤アミを餌にサビキ釣りをしていた2人連れが8~10センチのアジを各自200~250匹。

 <中林漁港>7日、夜明け前の約3時間、冷凍のキビナゴを餌にウキ釣りで指幅3~3・5本のタチウオ3匹。同所で赤アミを餌にサビキ釣りで10センチ前後のアジを80匹。

 <小松島港>6日、日没後の約4時間、赤アミを餌にサビキ釣りで8~11センチのアジを300匹前後。底付近を狙うと比較的型が良かった。付近でサオを出していた人も同型を各自50~200匹。

 [ルアー]<新町川>7日、河口部左岸で、早朝約1時間半、9センチのシンキングミノウで58、63センチのスズキ2匹。同所で別の人がザリガニ型ワームのジグヘッドリグで33、38センチのキビレ2匹と42センチのチヌ1匹。

 <吉野川>6日、吉野川大橋下流部で日没後の約2時間、12センチのシンキングミノウとバイブレーションを併用して60、78センチのスズキ2匹。仕掛けを流れに乗せてゆっくりと巻いてくるとアタリがあった。(県釣連盟報道部)