徳島新聞Web

8月18日(金曜日)
2 2
18日(金)
19日(土)
釣りだより
大島で60センチのイシダイ 13日・中潮   2017/7/13 09:24
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<大島>11日、波風ともに穏やか。下り潮が流れ水温24・8度。ガンガゼを餌に底物狙いの人が平バエで60センチのイシダイと32センチのイシガキダイを各1匹。一番では別の人が44センチのイシダイ1匹と33、35センチのイシガキダイ2匹。

 <宍喰>11日、南東の風、波は穏やか。水温23・8度。前磯側のみに出船。ある渡船には底物狙いの2人がバフンウニを餌に31~39・6センチのイシガキダイ3匹。別の人がカニを餌に33・5、35・5センチのイシガキダイ2匹。

 [イカダ]<由岐>11日、波風ともに穏やか。水温24・6度。沖アミを餌にフカセ釣りで25~40センチのアイゴ3匹と28~30センチの本ハゲ9匹。暑さのため10時半に納竿。

 [波止]<津田沖ノ一文字>11日、10時ごろから南の風が吹きだし、次第に強くなり波が少々あった。通称ジャンボでイガイを餌に落とし込み釣りで35~51センチのチヌ14匹。別の人が35~50センチのチヌ12匹。白灯周辺では1時間、サビキ仕掛けでサオを出した人が10センチ前後のマメアジ約100匹。周辺では28センチ前後のツバスと同型のシオの回遊が多いので、小型のミノウやメタルジグなどで狙えば面白い。

 <小松島港沖ノ一文字>10日、イガイを餌に落とし込み釣りで48センチ前後の型ぞろいのチヌ8匹。中央周辺で沖アミを餌に20~25センチのグレ30匹。白灯周辺ではサビキ釣りで8~10センチ前後のマメアジ約500匹と25~30センチのツバス7匹、55センチのセイゴ2匹。周辺では釣れたアジにツバスやセイゴが食うことがよくあるので、太いハリスのサビキを使用する方がよい。

 [友釣り]<海部川>11日、相川谷で9時半から7時間釣り歩いた人が12~21センチのアユ29匹。本流も照り込みが続き、新ゴケが付きだせば期待できそうだ。

 [船釣り]<徳島港沖>11日、12時すぎから南南東の風が強く吹きはじめ波も高くなった。仕立船で3人がジギング、タイラバージグなどで45、64センチのマダイ2匹と50~65センチのスズキ4匹、60センチのサワラ、40センチのシイラを各1匹、30センチ前後のツバス3匹。(県釣連盟報道部)