徳島新聞Web

12月17日(日曜日)
2 2
17日(日)
18日(月)
釣りだより
伊島沖で65センチのコモンハタ 22日・大潮   2017/7/22 09:47
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [船釣り]<伊島沖>20日、仕立て船で出掛けた人らがタイラバージグや餌釣りでサオを出し51センチまでのアマダイ2匹と33センチまでのオニオコゼ5匹、65センチ(4キロ)のコモンハタ1匹、ホウボウ、サバ、タチウオ、アヤメカサゴ、イトヨリ、レンコダイを数匹。

 <蒲生田沖>20日、南東のち南西の風が吹き緩い満ちの潮が流れた。自家用船で出掛けた阿南市の3人が正午過ぎから4時間ほど60~90グラムのオモリのタイラバージグでサオを出し30・5~60センチのマダイ11匹と43センチのサバ1匹。オレンジ、ピンク、赤紫などの赤系のスカートが良かった。

 [ルアー]<小松海岸周辺>20日、早朝の1時間半ほど投げた徳島市の人が30~35センチのツバス14匹。

 <津田沖ノ一文字>20日、赤灯付近で60センチのスズキ1匹。

 <高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>20日、内向きで30センチ前後のシオ3~10匹。また沖向きの消波ブロックでは大型のヒラマサのアタリがあったが取り込めなかった。

 [波止]<太田川河口>20日、7時半から約1時間、カニを餌に落とし込み仕掛けでサオを出した小松島市の人が34~43センチのキビレ3匹。大型チヌのハリ外れが1回あった。

 <高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>20日、赤灯付近で底物狙いが40センチまでのイシダイ、イシガキダイを数匹。

 <蒲生田岬>19日、突堤で17時から3時間ほどアジを餌に取り込みにはヤエンを使い1・5キロのアオリイカ1匹。他にも数回アタリはあった。18日は、似た仕掛けで午前中サオを出し0・8~2・6キロのアオリイカ3匹。夜が明けるとアタリが出だした。

 <香川・三本松>19日、岸壁で7時から2時間半、サビキ仕掛けでサオを出した人が30センチ前後のコノシロ60匹余り。

 <兵庫・土生漁港>19日、日中の3時間ほど自作の加工沖アミを餌に仕掛けをゆっくり沈めながらタナを探り49センチのチヌ1匹と30センチ前後のキビレ8匹。

 [磯]<恵比須浦>19日、南東の風が吹いたが波は出ず穏やか。水温26度。大辰巳周辺のハエで43、60センチのイシダイ2匹。近くのハエでは9時ごろ上がった阿南市の人が55センチのイラ1匹。(県釣連盟報道部)