徳島新聞Web

10月19日(木曜日)
2 2
18日(水)
19日(木)
釣りだより
吉野川河口で49センチのチヌ  26日・中潮   2017/7/26 10:22
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<恵比須浦>24日、水温24・6度。大辰巳周辺のハエで底物を狙った人が40センチのイシダイ1匹。
 
 <愛媛・由良>23日、沖釣で30、35センチのイサギ2匹。尾長グレの姿も確認できるがサメが回遊し食いが悪いようだ。
 
 <広島・大竹>23日、宮島、阿多田島周辺を会場に80人余りが参加して釣り餌メーカーのチヌ釣り大会1次予選が行われた。30センチ以上5匹までの重量を競い、各船の上位者から優先に順位を決めた。徳島からも数人が参加して、チヌバエに上がった阿波一風の福岡伸治さんが37~47センチを5匹そろえ5300グラムで入賞し10月8日に愛媛県今治沖で開催予定の2次予選の参加資格を得た。
 
 [船釣り]<伊島沖>24日、自家用船で出掛けた阿南市の2人が11時から5時間ほど100~150グラムのジグで釣り、70~90センチのサワラ8匹と40~50センチのサバ5匹、60センチのハマチ、55センチのカンパチを各1匹。また釣った魚を餌にすればサワラが高確率で食うが飲み込まれ全てバラシたそうだ。
 
 <小鳴門海峡>23日、南の風が吹いたが波はなかった。石井町の3人が5時から12時までタイラバージグとサビキ仕掛けを併用し25~60センチのマダイ18匹と50センチのハマチ、40センチのヒラメを各1匹。
 
 [イカダ]<由岐>23日、南寄りの風が吹いたが穏やか。釣り人4人。終日港方向に潮は流れた。阿南市の人が48センチのマゴチと25センチのシオ、30センチのアナゴを各1匹。同行の人は35、36センチのチヌ2匹と25~30センチのシオ3匹、25センチのツバス1匹、26センチのチャリコ2匹。別の2人は25~30センチのシオ3匹と25センチのチャリコ1匹。各自1、2回のバラシやハリ外れがあった。
 
 [波止]<蒲生田>24日、温泉近くの浜からアジを餌にサオを出した2人が0・4キロのアオリイカ2匹。
 
 <津田沖ノ一文字>23日、赤灯付近でサビキ仕掛けでサオを出した家族連れが小型クーラー8分目。白灯付近で投げた人が15センチ前後のキス12匹。落とし込み仕掛けで釣り歩いた人は型は未確認だがチヌ2匹。
 
 <和田島漁港>23日、濁りがなく状況は悪かった。夕方の1時間ほどイガイを餌に落とし込み仕掛けでサオを出した小松島市の人が40センチのチヌと37センチのキビレを各1匹。
 
 [潮入り川]<吉野川河口>24日、鶴島水門付近で15時から18時までカニを餌に落とし込み仕掛けで49センチのチヌ1匹と25~35センチのキビレ4匹。(県釣連盟報道部)