徳島新聞Web

8月18日(金曜日)
2 2
18日(金)
19日(土)
釣りだより
伊島沖で92センチのブリ 29日・小潮   2017/7/29 09:57
このエントリーをはてなブックマークに追加

 27日、県内の最高気温は30度を超え猛暑だった。阿南周辺の波止では場所により日中でも波止際でマメアジの姿がかなりの数確認できるようだが暑さの為か釣り人の姿はほとんどなかった。釣行の際には水分補給を早めにし熱中症対策を心掛けたい。また、早朝や日没後のタチウオ狙いも数も型もムラがあるようで全くアタリの無い日もあるが指幅5本を超えるサイズが食う時もある。
 
 [友釣り]<勝浦川>27日、平水。7時から9時間ほど2カ所を釣り歩いた阿南市の人が15~23センチのアユ35匹。
 
 [磯]<大島>27日、ホリモンで底物を狙った人が43センチのイシダイ1匹。屋形でも似た仕掛けでサオを出した人が38、50センチを2匹。
 
 <高知・甲浦>27日、少し波があった。水温26・5度。赤灯台で底物を狙った人が30、40センチのイシガキダイ2匹。
 
 [船釣り]<伊島沖>27日、北寄りの風が少し吹いた。水温25・5~26・5度。イサギ狙いで出船した船がテンビン仕掛けでサオを出し28~40センチを30匹余り、40センチ前後のサバも30匹余り、42センチのグレ1匹とウマヅラハゲ数匹。別の船はタイラバージグやジギングでサオを出し92センチのブリ1匹と95センチまでのサゴシとサワラ合わせて7匹、32センチのアマダイ1匹、40センチのマダイ1匹、35~45センチのサバ10匹、イトヨリ、ホウボウを数匹。
 
 [イカダ]<ウチノ海>26日、ヤカタでカカリ釣りをした阿波市の人がサナギを餌に20~30センチのチヌ7匹。別の人も23~32センチのチヌ7匹。サヨリ狙いは30センチ前後が食い各自10~60匹。夫婦が赤アミを餌に市販のサビキ仕掛けで12センチ前後のマメアジ100匹。
 
 [潮入り川]<神田瀬川>26日、午前中の1時間半、カニを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた人が35、37センチのキビレ2匹。
 
 <岡川>26日、右岸で19時半から2時間半ほど、美波町の人ら2人がアオイソメを餌にウキ下1~1・5ヒロのフカセ釣りでハリス1・2~1・5号、チヌバリ1~3号を使い分け23~37センチのキビレ11匹と13~18センチのキス6匹、18センチのガガネ2匹。小さなミズセが餌取りで数匹ハリに掛ったが再放流。
 
 [波止]<室戸岬漁港沖ノ離岸堤>26日、赤灯付近で底物を狙った2人が30センチ前後のイシガキダイ12匹。ルアーを投げ歩いた人は40センチのカンパチと60センチのツムブリを各1匹。(県釣連盟報道部)