徳島新聞Web

12月17日(日曜日)
2 2
17日(日)
18日(月)
釣りだより
海部川で14~18センチのアユ37匹 1日・長潮   2017/8/1 10:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

 30日、県内の主だった渡船は台風の影響で波が高く休業した所が多くあった。また営業した業者も暑さのためかほとんど釣り客がいなかったようだ。最近は夏本番を迎え猛暑日になる日が多くある。熱中症には十分に注意し、万が一のため、釣り場周辺の医療機関などをあらかじめ調べておくなどの対策も必要だろう。

 [友釣り]<海部川>30日、平水で濁りなし。アユは、大井周辺で15~18センチを31匹。別の人が10~17センチを23匹。皆ノ瀬で同型を23匹。グラウンドで14~17センチを37匹。富田で14~18センチを26匹。吉野橋下流で同型を37匹。

 [船釣り]<伊島沖>30日、水温26・5~28・5度。やや強い南の風でうねりを伴い波が高かった。乗合船で4人が合わせて88センチのサワラ1匹と80センチのシイラ1匹、50~75センチのマダイ4匹、38~43センチのサバ10匹、40~43センチのマアジ10匹、28~40センチのカイワリ5匹。仕掛けは釣った魚を餌にしたものとタイラバ、ジグをそれぞれが使用した。

 [イカダ]<ウチノ海> 30日、中央付近のイカダで沖アミを餌に2人で45、50センチのマダイ2匹。別のヤカタでサビキ仕掛けを使って10~12センチのアジ600匹と釣ったアジを餌に35センチのヒラメ1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>30日、うねりがあった。サビキ仕掛けで8~12センチのアジは、赤灯で5人が18リットルクーラーに各満杯と別のサオを使い釣ったアジを餌に60センチのスズキ1匹。白灯でも4人が18リットルクーラーに各満杯。同先端でウキを付けたサビキ仕掛けで22センチ前後のアジ14匹。周辺でイシゴカイを餌に投げ釣りで16~25センチのキス25匹。コーナー周辺で釣りクラブの落とし込み釣り大会が行われ、チヌ2匹の合計長寸を競った。13人が参加して計量したのは9人。1位は94・5センチ。2位は81・7センチ。3位は81・2センチ。

 <小松島港沖ノ一文字>30日、落とし込み釣りで探り歩き43~48センチのチヌ6匹。赤灯でサビキを使い2人が13センチ前後のアジをそれぞれ24リットルクーラーに8分目。(県釣連盟報道部)