徳島新聞Web

8月18日(金曜日)
2 2
18日(金)
19日(土)
釣りだより
津田沖ノ一文字でアジ800匹 4日・中潮   2017/8/4 09:50
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>2日、通称ジャンボでは、イガイを餌に落とし込み釣りは45~53センチのチヌ6匹。別の人は40センチを1匹。白灯周辺でも45センチ前後のチヌ3匹。また赤アミを餌にサビキ仕掛けでは、20センチ前後のサバ交じりで11~14センチのアジを約800匹で24リットルのクーラー8分目。

 <小松島港沖ノ一文字>2日、赤灯付近で2人がサビキ仕掛けで11~14センチのアジを約700匹。

 <和田島大手海岸>2日、午前中の2時間、T字突堤で赤アミを餌にサビキ仕掛けで12~13センチのアジ200匹余り。

 <赤石東ふ頭>2日、少しアジの食いが悪くなっているようだが、それでも午前中の2時間で12~14センチを100匹余り。

 <長原漁港>1日、午後から沖アミを餌にフカセ釣りで51センチのチヌ1匹と25~35センチのキビレ3匹、35センチのヘダイ1匹。西寄りの風が強く吹いていたためか、暑さもさほど感じず快適にサオを出せたそうだ。

 [イカダ]<ウチノ海>2日、堂浦のヤカタからサナギを餌にカカリ釣りした人が30、42センチのチヌ2匹。別のヤカタでサビキ釣りをした人が14~15センチのアジ100匹余りと18センチのサバ20匹。

 [潮入り川]<新町川>2日、ふれあい橋下流左岸で18時から1時間、アオイソメを餌にウキ釣りをした小学生が13センチのハゼ1匹と15センチ前後のミズセ3匹。赤潮の影響か水が濁り、食いが悪かった。

 [船釣り]<牟岐沖>1日、大島周辺で沖アミを餌にフカセ釣りで35~50センチのヒラソウダ6匹。31日は同所周辺で青系統20グラムのジグで表層を探り30センチ前後のシオ20匹と35~50センチのヒラソウダ4匹。

 [友釣り]<勝浦川>2日、ほぼ平水だが、水温が上がりコケが腐り始めているようだ。またアオサが伸び釣りづらい場所も多い。横瀬周辺と飯谷周辺で7時から16時までサオを出した人が18~21センチのアユ40匹。今山周辺は同型を15匹。(県釣連盟報道部)