徳島新聞Web

10月19日(木曜日)
2 2
18日(水)
19日(木)
釣りだより
中浦緑地岸壁で40センチ前後のチヌ5匹 9日・中潮   2017/8/9 10:06
このエントリーをはてなブックマークに追加

 7日、四国沖をゆっくりした速度で通過した台風5号の影響で南寄りの風が吹き雨が時折激しく降った。海上はうねりを伴う大きな波があった。各港も閉鎖して船などは安全な港奥などでロープで固定されていた。台風が通過すれば波止や岸壁でチヌやキビレなどの大釣りが期待できそうだ。マキ餌があまり入っていなくイガイやカニなど捕食していて沖アミを餌と認識していなかった魚も荒れ後は濁りもあり食い気が立つだろう。また、釣行の際には安全のためライフジャケットや磯靴、帽子の着用を心掛けてほしい。
 
 [波止]<小松島新港>6日、11時ごろは、東寄りの強い風で少し波があった。夜明け前からサビキ釣りでサオを出した2人が10センチ前後のマメアジ100匹余り。
 
 <金磯鉄鋼団地裏>6日、10時ごろは、南東の風が強かったが波は穏やか。サビキ仕掛けで10センチ前後のマメアジ50匹。
 
 <大潟工業団地裏>6日、9時ごろは、東寄りの風で波も少しあった。サビキ仕掛けでサオを出した人が10~12センチのマメアジを100匹余り。別の人も同型を80匹余り。日によってはチョイ投げして20~25センチのコノシロが食うようだがこの日は悪かった。
 
 <中浦緑地岸壁>6日、南東の風が次第に強くなり釣りづらかった。西寄りで早朝から15時までサオを出した阿南黒潮会の井口賢さんが市販の加工沖アミを餌にハリス0・8号、チヌバリ1号のフカセ釣りでウキ下2・5~3ヒロを探り42・5センチのチヌと25センチのキビレを各1匹。同行の人は17センチのチャリコ2匹。別の人は37センチのコノシロ1匹と16、18センチの本ハゲ2匹。6時から約1時間、落とし込み仕掛けで釣り歩いた人は40センチ前後のチヌ5匹。別の人も同型を各1~3匹。5日は、15時から3時間半ほど阿南市の2人がフカセ釣りで30~40センチのキビレ5匹と30~42センチのチヌ3匹。また4日は、小松島市の出張雅彦さんが14時半から2時間半ほどイガイを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩き42~46センチのチヌ15匹と好釣果。
 
 <香川・庄内半島>6日、家ノ浦の石波止で午前中サオを出した人が30~40メートル付近に遠投して仕掛けをゆっくり沈めながらタナを探り38~45センチのチヌ3匹。同行の人も同型を3匹。12時ごろから風が強くなり納竿した。
 
 <津田沖ノ一文字>5日、赤灯付近で赤アミを餌にサビキ仕掛けでサオを出した人が10~12センチのマメアジ500匹。別の人も同型を400匹。(県釣連盟報道部)