徳島新聞Web

11月25日(土曜日)
2 2
25日(土)
26日(日)
釣りだより
伊島沖で90センチのブリ 21日・大潮   2017/8/21 09:47
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [船釣り]<伊島沖>19日、北の風で水温27・5~29・5度。ジギングや釣った魚を餌に70、80センチのサワラ2匹と40~65センチのカンパチ7匹、45~65センチのハマチ7匹、40センチのヒラメ1匹、50~60センチのマダイ3匹、40~45センチのサバ18匹、35~40センチのイサギ12匹、オオニベ、アジ、ガガネ数匹。別の船も72、78センチのメジロ2匹と40センチのシオ4匹、75~80センチのサワラ3匹、78センチまでのマダイ10匹、40~42センチのハマチ30匹余り、40~45センチのサバも30匹余り、ヒラソウダ、マハタ、アジ、イサギ、ガガネ数匹。別の船は90センチのブリ4匹と35センチのシオ2匹、63センチまでのマダイ10匹、ヒラソウダ、ガガネ、イサギ数匹、サバ5~15匹、ツバス多数。
 
 [磯]<大島>19日、水温29度。佐本回りのゴマで底物を狙った人が34センチのイシダイ1匹と35センチのイシガキダイ8匹。
 
 [イカダ]<ウチノ海>18日、ヤカタでカカリ釣りをした人が25センチ前後のチヌ3匹と45センチのマダイ1匹。別のヤカタでも23~30センチのチヌ4匹。また、各ヤカタで13センチ前後のマメアジがサビキ仕掛けで好調。
 
 [潮入り川]<岡川>19日、17時ごろから引きの流れが速くなった。左岸で15時から約2時間半、沖アミを餌にハリス1号、チヌバリ0・8~0・5号のフカセ釣りでウキ下4~5ヒロでサオ下付近を釣った小松島市の人が28、33センチのチヌ2匹と60センチのボラ1匹。近くでチョイ投げで40センチのキビレ1匹。マメアジ、小サバ、メッキアジ、カマス、チャリコなど餌取りが多くいた。
 
 [波止]<恵比須浜>18日、早朝からアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・3キロのアオリイカ1匹。同行の人も同重量を1匹。近くで餌木を投げた人は0・4キロを1匹。
 
 <日和佐川河口>18日、岸壁は笹濁りで潮はあまり動かなかった。13時から5時間ほどサオを出した人が沖アミ餌に50センチのチヌと25センチのへダイ1匹。日が暮れて3時間半ほどコロダイを狙った阿南黒潮会の竹内啓二さんがシバエビを餌にサオ4号、ハリス5号、グレバリ13号でウキ下3ヒロ半でサオ下を狙い54センチを1匹仕留めた。
 
 <北泊>18日、石井町の人がピンクの1・8号の餌木を投げて0・15キロのアオリイカ2匹。新子の姿はたくさん確認できた。
 
 [投げ釣り]<松茂海岸>17日、9時から2時間半ほどイシゴカイを餌に投げた石井町の人が12~18センチのキス20匹余り。その後、里浦海岸へ移動し3匹追加。(県釣連盟報道部)