徳島新聞Web

9月25日(月曜日)
2 2
25日(月)
26日(火)
釣りだより
勝浦川で18~22センチのアユ42匹 25日・中潮   2017/8/25 10:21
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>23日、暑さのせいか釣り人は少なかった。赤灯付近でイガイを餌に落とし込み釣りをした人が35センチのチヌ1匹。
 
 <小松島港沖ノ一文字>23日、赤灯付近で赤アミを餌にサビキ仕掛けを使った人が14センチ前後のアジ100匹余り。
 
 <和田島大手海岸>23日、ルアーを使いT字型突堤からカマスを狙った人が26~29センチを9匹。日により釣果にムラがあるようで、22日は同型を30匹と食いがよかったようだ。
 
 <和田島漁港>23日、午前中サビキ仕掛けでアジを狙った人が10~13センチを50匹。時間帯により食い気に差があり早朝より日中がいい日もある。
 
 <長原漁港>22日、11時から6時間、沖アミを餌にフカセ釣りで、港の中をウキ下3~4ヒロにして足元近くを狙った徳島市の人が26~53センチのチヌ7匹と31~38センチのキビレ4匹。チヌはほとんどが40センチオーバーだった。
 
 [イカダ]<ウチノ海>23日、堂浦のカセでカカリ釣りをした人が25~31センチのチヌ6匹。ヤカタからサビキ仕掛けでアジを狙った人は15センチ前後を200匹余り。
 
 <由岐>23日、本ハゲ狙いの人が25センチ前後を6匹と30センチのシオ1匹、25センチ前後のマダイ7匹。
 
 [磯]<由岐>23日、水温28度で多少波があった。大バエのフスマでは35センチ前後のアイゴ3匹と28センチ前後の本ハゲ2匹。
 
 [船釣り]<牟岐沖>23日、水温28度、潮は上りから下り。大島周辺ではヒラソウダの回遊が続いている。仕立船で2人が沖アミを餌にフカセ釣りで35~45センチを25匹。別の船では1人が同型を15匹。
 
 [友釣り]<勝浦川>23日、やや渇水で浅い所ではアオサが生えている。今山周辺では終日の釣りで18~22センチのアユ42匹。15時から2時間サオを出した人が同型を14匹。沼江では7時から9時間で17~21センチを26匹。
 
 <海部川>23日、ほぼ平水、玉笠では11時から3時間半で15~20センチのアユ15匹。保勢でも11時から5時間で同型を20匹。通称グラウンドでは10時から6時間で同型を18匹。(県釣連盟報道部)