徳島新聞Web

9月26日(火曜日)
2 2
26日(火)
27日(水)
釣りだより
伊島沖で92センチのブリ 30日・小潮   2017/8/30 10:10
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [イカダ]<ウチノ海>28日、ヤカタでヨウセイエビを餌にフカセ釣りで47、50センチのマダイ2匹。サナギを餌にカカリ釣りで23~30センチのチヌ3匹。沖アミを餌に35センチのキビレ1匹と20~25センチのアジ10匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けで12センチ前後の小アジ160~300匹。27日は、ヨウセイエビを餌に45センチのマダイと同型のセイゴを各1匹。カカリ釣りでは20~25センチのチヌ5匹。別の人も23~30センチを3匹。各所でサビキ仕掛けで12センチ前後の小アジは多数釣れていた。
 
 <宍喰>27日、午前中の潮は沖に流れて澄んでいたが午後からは笹濁りであまり動かなくなった。阿南黒潮会の井口賢さんが市販の加工沖アミを餌にハリス1~1・2号、チヌバリ2号のフカセ釣りでウキ下4ヒロ前後を探り31・5、51・5センチのチヌ2匹と41・5センチのへダイ、20センチのチャリコを各1匹。同行の人はハリス1・2号、チヌバリ2・5~3号でウキ下4~6ヒロを探り25~51・5センチのチヌ4匹と35センチのへダイ1匹、20~30センチのタマミ6匹、13~26センチのキス7匹。
 
 [船釣り]<伊島沖>28日、北の風が南に変わり少し強く吹いた。ジギングや釣った魚を餌に70~92センチのメジロとブリ5匹、65~72センチのマダイ4匹、75センチのサワラ2匹、40センチのシオ1匹、40センチ前後のサバ多数、イサギ、ガガネ、カイワリ数匹。自家用船で出掛けた阿南市の3人は7時から8時間ほど60~90グラムのタイラバージグでサオを出し水深60メートル付近で35~71・5センチのマダイ35匹。
 
 <兵庫・淡路沖>28日、乗合船で出掛けた阿南市の山田裕斗さんがイワシを餌にテンヤ仕掛けで指幅2~5本のタチウオ13匹。
 
 <浅川沖>27日、北東の風が吹き水温29・5度で少しうねりがあった。沖のカケ釣りでタイラバージグでサオを出した人が25~40センチのマダイ10匹と42~50センチのオオモンハタ3匹、25~40センチのシオ5匹、40センチのヒラソウダ1匹。
 
 [磯]<恵比須浦>28日、水温28・3度。大辰巳周辺のハエで底物を狙った人が35センチのイシダイ1匹と30~35センチのイシガキダイ4匹。別の人は45センチのイシダイ1匹。
 
 <大島>28日、水温29・2度。屋形で底物を狙った人が35センチまでのイシガキダイ5匹。
 
 [波止]<和田島T字型堤>28日、早朝の1時間、餌木を投げた人が0・3キロのアオリイカ1匹。27日も0・2、0・3キロを2匹。数が少ないのかアタリも少なかった。
 
 [川]<吉野川>27日、夕方に支流で揚げたジャガイモを餌に鳴門市の本間大地さんが70センチのコイ1匹。
 
 [お知らせ]中林磯は9月1日から渡船を再開し、抽選5時50分からとなります。(県釣連盟報道部)