徳島新聞Web

11月25日(土曜日)
2 2
25日(土)
26日(日)
釣りだより
伊島沖でタチウオ15 匹 1日・若潮   2017/9/1 09:49
このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月30日、台風15号の影響が少し出だしたようで阿南周辺の波止ではうねりが少しあった。四国上陸は無さそうだが、海上はうねりがでそうなので今後の進路に注意し無理な釣行は避けたい。また暑さも日中は厳しいので水分を小まめに取り熱中症にならないように気をつけたい。
 
 [イカダ]<由岐>30日、9時半ごろから沖は波が出はじめたががイカダ周辺は穏やか。水温28度。35センチのアイゴ3匹と30センチのシオ2匹。20センチのチダイ多数。
 
 [船釣り]<伊島沖>30日、乗合船で出掛けた人らがテンヤ仕掛けでサオを出し指幅5本までのタチウオ8~15匹。風が強まりそうなので早仕舞いした。29日は、べたなぎで水温28度。潮はあまり動かなかった。自家用船で出掛けた阿南市の3人が9時から8時間ほど、75~90グラムのタイラバージグでサオを出し35~82・5センチのマダイ25匹余りで大型クーラー2個満杯と30~45・5センチのホウボウを中型クーラー満杯。スカートはオレンジ系や赤がよかった。またサメが回遊しており掛かった魚に食いつくこともある。
 
 [磯]<恵比須浦>29日、下り潮が流れ水温27・8度。大辰巳周辺のハエに上がった4人が23~38センチのイサギ36匹と28~35センチのグレ3匹、30センチのアイゴ1匹。
 
 [潮入り川]<辰巳工業団地裏>30日、夜明けまでタチウオを狙った人がルアーやキビナゴを餌に指幅2~3本を1~3匹。
 
 <那賀川河口>29日、左岸の大野突堤付近で19時から3時間ほど冷凍キビナゴを餌に阿南市の人が指幅2~3本半のタチウオ11匹。同行の人も同型を9匹。周辺でもよくサオが曲がっていた。
 
 [波止]<辰巳北突堤>30日、付け根付近からルアーを投げた人が25センチのヒラメ1匹。
 
 <中浦緑地>29日、夜明けまで冷凍キビナゴを餌に引き釣りをした阿南市の人が指幅2本半~3本半のタチウオ20匹。周辺でもよくサオが曲がっており多い人は30匹以上釣ったそうだ。
 
 <高知・室戸岬漁港沖の離岸堤>29日、西の風で水温27・7~28・7度。沖向きの消波ブロックでカゴ釣りをした人が50センチのチビキ4匹。内向きの赤灯台付近では底物仕掛けでイシガキダイが釣れていたが未確認。
 
 <高知・宇佐沖ノ一文字>29日、チヌ狙いはコッパグレやボラが多く釣りづらかった。沖アミやネリ餌でフカセ釣りは25センチ前後を5~10匹。中突堤は夫婦がキビナゴを餌に20~30センチのカマス50匹余り。周辺でも10~30匹の人がほとんどで多い人で60匹余り。ルアーよりキビナゴの餌でウキ釣りの方が型が良いようだ。(県釣連盟報道部)