徳島新聞Web

11月21日(火曜日)
2 2
20日(月)
21日(火)
釣りだより
中林で23~26センチのマルアジ30匹 7日・大潮   2017/9/7 09:43
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<小神子>5日、南寄りの風が少し吹いたが波は穏やか。松で沖アミを餌にフカセ釣りで35センチ前後のチヌ3匹。
 
 <中林>5日、12時すぎから南の風が少し吹いた。エンバエの西の胴で徳島市の若松良英さんが23~26センチのマルアジ30匹と同型のマアジ18匹、20~25センチのイサギ3匹、30センチのアイゴ1匹。別の人が23~26センチのマルアジ15匹と同型のマアジ7匹。東で23~25センチのマルアジ7匹と20~25センチのマダイ5匹、30センチのアイゴ1匹。東の胴で25~35センチのチヌ6匹と25センチ前後のグレ5匹、25センチの本ハゲ2匹。
 
 <由岐>5日、前日からのうねりが少し残っていたが、風はほとんどなかった。水温26・8度。12時までムギバエで2人が25センチ前後を主体に23~28センチのシマアジ33匹と30センチのアイゴ2匹、35センチのグレ、30センチのカンパチを各1匹、27センチの本ハゲ4匹。
 
 [イカダ]<ウチノ海>5日、12時すぎから弱い南寄りの風が吹いたが波は穏やか。サナギを餌に23~35センチのチヌ10匹。小鳴門海峡のカセではコーン、サナギの併用で31~37センチのチヌ7匹。
 
 [波止]<小松島港沖ノ一文字>5日、南寄りの風が少し吹いたが波は穏やか。赤灯周辺で14~15センチのアジをサビキ釣りで約300匹。中央周辺では沖アミを餌にフカセ釣りで20~23センチのグレ15匹。やや白灯寄りで同型を10匹と30センチのツバス1匹。
 
 [友釣り]<海部川>5日、渇水気味。濁りはほとんどなかった。朝のうち降っていた雨が12時すぎからまた降りだした。大井周辺で11時から3時間で15~18センチのアユ18匹。同所と荒瀬周辺2カ所を13時から3時間釣り歩いた人が14~20センチを14匹。
 
 [ルアー]<津田南波止>4日、徳島市の小川さんは10~14グラムのジグヘッドに4インチ夜光黄色のストレートワームで、日暮れごろから2時間余りで指幅2~3本半のタチウオ20匹。別の人は14グラムのジグヘッドに3インチ夜光白色のストレートワームで、17時から2時間半で同型を35匹。食いの良いときには1投ごとにアタリがあった。(県釣連盟報道部)