徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
釣りだより
中林エンバエでマルアジ好調中林 16日・若潮   2017/9/16 10:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日、台風18号の影響で県南の海上はうねりを伴い波が高く磯渡しを見合わせた渡船業者がほとんど。沖の掛け釣りも出船を見合わせた所も。阿南周辺でも波が高くなり、湾内の岸壁や波止では釣り人の姿は少し確認できたが目立った釣果は聞かれなかった。
 
 [磯]<中林>14日、北の風が少し吹き、うねりを伴う波が少しあった。ヨコスで25、35センチのチヌ2匹。地ス西ベリで25~30センチのチヌ3匹と30、40センチのキビレ2匹、25センチのマダイ1匹。エンバエは西の胴で藍住町の森下昇さんが30、35センチのチヌ2匹と40センチのキビレ1匹、35センチのシオ1匹、20~27センチのマダイ10匹、25~26センチのマアジ10匹、25~28センチのマルアジ25匹。別の人も25~26センチのマアジ5匹と25~28センチのマルアジ23匹、20~25センチのマダイ3匹。東の胴で25~26センチのマアジ3匹と25~28センチのマルアジ25匹。
 
 [船釣り]<伊島沖>14日、北の風が少し吹き、少しうねりを伴う波があった。水温26・5~27・5度。乗合船で出掛けた人らが60、80号のオモリを付けたハリス8~12号の仕掛けで釣った魚を餌に80、85センチのメジロ2匹と40、60センチのハマチ2匹、72センチのサワラ1匹、40センチのマハタ1匹、カイワリ、ガガネ数匹。別の船はジギングやタイラバージグ、釣った魚を餌に54センチ(2・4キロ)のマハタモドキ1匹とアジ10匹、ホウボウ5匹、マダイ、シオ、アカハタ、ハマチ数匹。
 
 [イカダ]<高知・甲浦>14日、曇りで少し波があった。水温28度。1号で40センチのへダイ2匹。
 
 [波止]<中浦緑地>14日、夜明けまで冷凍キビナゴを餌にテンヤの引き釣りをした人が指幅2本半前後のタチウオ9匹。
 
 <津田沖ノ一文字>13日、赤灯付近で26センチのマルアジ30匹。ハリ外れが多かった。コーナー付近でも同型を4匹。ルアーを投げた人がタチウオ2匹。白灯付近では2人が40センチまでのチヌ12匹。
 
 [潮入り川]<日和佐川河口>13日、潮は余り動かず、際には流れて来た草や小枝などが溜まり釣りづらかった。左岸の岸壁で17時半からコロダイを狙った阿南市の人がハリス2・5号グレバリ9号でウキ下2ヒロ半前後で15メートル沖を狙い46・5センチのチヌ1匹。鳴門市の人はチョイ投げで50センチのアカエイ1匹。他の3人はアタリがなかった。(県釣連盟報道部)