徳島新聞Web

10月20日(金曜日)
2 2
20日(金)
21日(土)
釣りだより
由岐で23~27センチのシマアジ9匹 22日・中潮   2017/9/22 09:53
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>20日、コーナー付近では、沖アミを餌にフカセ釣りで5人が35~51・5センチのチヌを11、10、8、2、2匹。赤アミを餌にサビキ釣りの人は15~16センチのアジを200匹余り。
 
 <小松島港沖ノ一文字>20日、中央付近では沖アミを餌にフカセ釣りで42センチのチヌ1匹。近くではサビキ釣りで15~16センチのアジ100匹。
 
 <和田島大手海岸>20日、T字型突堤で沖アミを餌にフカセ釣りをした徳島市の人が23~30センチのチヌ9匹と30センチのコノシロ1匹、22センチのグレ1匹。
 
 <赤石東ふ頭>19日、日没後、キビナゴを餌とルアーを併用し指幅2~3本のタチウオ20匹。
 
 <和田島漁港>19日、日没後、赤アミを餌にサビキ釣りで14~16センチのアジ200匹。仕掛けをタチウオ用に変え指幅2~3本を20匹。
 
 [イカダ]<由岐>20日、沖アミを餌にフカセ釣りで41センチのマダイ1匹と30センチ前後のシオ3匹、同型のアイゴ2匹。
 
 [磯]<中林>20日、北の風が少し吹いていたが波はなかった。各所で25~27センチのマアジや25~28センチのマルアジ、30~35センチのチヌ、23~28センチのグレなどが上がっていた。エンバエ西はグレ10匹と35センチのアイゴ、マルアジを各1匹。西の胴はチヌ1匹とマアジ5匹、マルアジ20匹。もう一人がマアジ3匹とマルアジ15匹。東はチヌ6匹。東の胴はチヌと35センチのアイゴを各1匹、マルアジ13匹。もう一人がマアジ5匹とマルアジ15匹。チギレは阿南市の福田さんがチヌと27センチのマダイ、37センチのキビレを各1匹、マアジ20匹、マルアジ8匹。胴裏は阿南市の丸山さんがグレ3匹とマアジ42匹。ワラベ石のトウフはチヌ1匹とグレ8匹。
 
 <由岐>20日、水温24・9度で上り潮、風や波はなかった。ムギバエでは23~27センチのシマアジ9匹と25~27センチのグレ5匹、30センチ前後のアイゴ5匹。大バエのフスマでは45センチのチヌ1匹と35センチ前後のアイゴ2匹、27センチのシマアジ1匹。平バエは28~37センチのアイゴ5匹と23、28センチのシマアジ2匹、25センチ前後のグレ5匹。テグスは23~31センチのグレ5匹と31センチのアイゴ1匹。
 
 [友釣り]<勝浦川>20日、まだ水位は高く濁っているが、残りゴケはあるようだ。横瀬橋や今山などでサオを出した徳島市の人が20センチ前後のアユ10匹。大きな雨がなければ、週末には絶好の条件になりそうだ。(県釣連盟報道部)