徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
釣りだより
中林漁港沖ノ消波ブロックで30~35センチのアイゴ15匹  2日・中潮   2017/10/2 09:24
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<福村>30日、風が強く釣りづらかった。釣連盟チヌ釣り大会の予選会を行うクラブもあった。県庁漁友会の4人は、土佐バエで久積崇広さんが25~35センチを3匹。その後長バエに替わり30~40センチを4匹追加した。工藤剛生さんがドンガンで25~35センチを4匹。ヘリ先は30~35センチのアイゴ10匹。予選会以外の一部の情報だが二階東で30、35センチのチヌ2匹。大西では未確認だがアイゴが多数。

 <中林>30日、10時ごろから北の風が強く吹いた。チヌは、沖ス東で30~35センチを3匹と25~28センチのグレ3匹。ヨコスで30~35センチを3匹と25センチのグレ2匹、30~35センチのアイゴ3匹。地ス西ベリで25~45センチを9匹と20、25センチのマダイ2匹。ワラベ石トウフで23、25センチを2匹と25、27センチのグレ2匹。イセコバエで30~37センチを4匹と25~27センチのグレ6匹、30~35センチのアイゴ4匹。エンバエは西で23~27センチのグレ4匹とマルアジ15匹。西の胴で2人が37センチを1匹と20~26センチのマダイ8匹、30センチのマアジ、35センチのウマヅラハゲを各1匹、マルアジ38匹。東で30、35センチを2匹とマルアジ10匹。東の胴で30、35センチを2匹と20~25センチのマダイ3匹、マルアジ15匹。チギレで30センチを1匹とマルアジ15匹。マルアジの型は25~30センチ。

 <恵比須浦>30日、上り潮が流れ水温25・3度。大辰巳周辺のハエで26~40センチのイサギ20匹と40センチのスマ、32センチのグレ、30センチのシマアジ、同型のマダイを各1匹。別の人は26~40センチのイサギ8匹と28~35センチのアイゴ5匹、30センチ前後のグレ3匹。

 <大島>30日、水温26・4度。裏回りの田所で29センチまでのシマアジ13匹と30、34センチのイサギ2匹。タキでも27センチまでのシマアジ16匹と30センチ前後のイサギ4匹、同型のムロアジ3匹。

 <高知・甲浦>30日、水温25・3~25・6度。ミツバエ中で底物狙いが35、36センチのイシガキダイ2匹。エボシで30センチのグレ2匹と32、35センチのイサギ2匹。長兵衛バエで30~38センチのグレ3匹と27、28センチの本ハゲ2匹。クジラオクでアオリイカを狙った人が0・6、0・65キロを2匹と0・3キロまでを12匹。その後赤灯台に替わり同重量を15匹追加。

 [波止]<中林漁港沖ノ消波ブロック>30日、30~40センチのチヌ4匹と23~27センチのグレ7匹、30~35センチのアイゴ15匹。

 <蒲生田>30日、東寄りの風が強く吹き釣りづらかった。潮もささ濁りで状況は悪かった。14時から3時間半ほど地元の人がオレンジの2号餌木で0・33キロのアオリイカ2匹。周辺ではサビキ仕掛けで15センチ前後のアジが少し上がった。29日は、阿南市の人が19時から1時間ほどオレンジの2号餌木で0・3キロのアオリイカ2匹。

 [友釣り]<海部川>30日、平水より少し高め。9時半から5時間ほど大井周辺でサオを出した人が15~20センチのアユ20匹。別の人も16~23センチを16匹。朝方は水温が低いためか追いが悪いようだが水温の上昇とともに活性が上がるようだ。(県釣連盟報道部)