徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
釣りだより
伊島で27~38センチのイサギ35匹 6日・大潮   2017/10/6 10:03
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>4日、コーナー付近西向きで沖アミを餌にフカセ釣りで徳島市の人が35~48センチのチヌ6匹と30センチ前後のマルアジ3匹。並んでサオを出した人が25センチのグレ1匹と30センチ前後のマルアジ3匹。同所で赤アミを餌にサビキ仕掛けを遠投しマルアジを狙った人が30センチ前後を30匹余り。ほかの人らも同型を9~20匹。

 <小松島港沖ノ一文字>4日、赤灯付近では沖アミを餌にフカセ釣りで20~25センチのグレ10匹と15センチ前後のアジ30匹。別の人も同仕掛けで同型のグレ10匹とアジ30匹。中央付近でも同型のグレ10匹とアジ30匹。白灯付近はチヌ狙いの人が30~35センチを6匹とアジ30匹。

 <薬師裏>3日、日没からの3時間、キビナゴを餌に電気ウキを使って指幅2本半~3本のタチウオを5匹。数は未確認だが、多い人は20匹余り釣っていた。

 [磯]<中林>4日、出船時から北東の風が強く、場所によっては釣りづらかったようだ。25~30センチのマルアジが好調なエンバエでは、西の胴で16匹と20~25センチのマダイ5匹、30センチのアイゴ1匹。同所に並んで2人合わせて18匹と20~25センチのマダイ3匹、30センチのアイゴ2匹。東の胴は2人で70匹と30、35センチのチヌ2匹。地スの西ベリは30~42センチのチヌ11匹と30センチのアイゴ1匹、25~30センチの本ハゲ3匹。ワラベ石トウフでは阿南黒潮会の竹内啓二さんら2人が午前中に30~42センチのチヌ4匹。その後、地ス西のハナで25~35センチのチヌ6匹と30センチのアイゴ1匹を追加した。

 <伊島>4日、北寄りの風が強く、荷物が飛ばされそうなほど。桶バエ地では30~40センチのアイゴ9匹と25~35センチのイサギ5匹。桶バエは30センチ前後のイサギ5匹と30センチのグレ1匹。五九十は27~35センチのイサギ16匹。タイバエ西は27~38センチのイサギ35匹と30センチのアイゴ、グレ、シマアジを各1匹。黒崎の地と五九十の2カ所でサオを出した人は27~33センチのイサギ10匹と30センチ前後のグレ3匹、35センチのアイゴ1匹。

 <由岐>4日、水温23・8度で上り潮。テグスでは28~40センチのグレ6匹と30~36センチのイサギ5匹、25~27センチのシマアジ7匹。上のハナでは30~37センチのアイゴ7匹。キクサンは25~30センチのグレ11匹と30~35センチのアイゴ4匹。(県釣連盟報道部)