徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
釣りだより
中林で27~40センチのチヌ10匹 9日・中潮   2017/10/9 07:50
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [川]<勝浦川>7日、早朝は少し濁りがあったがだんだん澄んできた。水位は平水より10センチ高。野上橋下流で11時から3時間ほど小松島市の人がコロガシ仕掛けで12~25センチのアユ23匹。早朝からサオを出した人も同型を30匹。近くで友釣りをした人も同型を7~8匹。

 [磯]<中林>7日、北の風が少し吹いたが穏やか。地スの西ベリで徳島市の宮本卓至さんが27~40センチのチヌ10匹と25~34センチにグレ6匹、25~37センチのアイゴ10匹。エンバエは、西の胴で阿南市の佐藤弘隆さんが25センチのグレ5匹と25、30センチのアイゴ2匹、同型のマルアジ45匹、20~25センチのマダイ6匹。別の人も25センチのグレ2匹と25~30センチのマルアジ28匹、23~27センチのマダイ4匹。東で30、35センチのチヌ2匹と25~30センチのマルアジ15匹。東の胴で25センチのグレ1匹と25センチ前後のマダイ5匹、25~30センチのマルアジ35匹。

 [波止]<粟津離岸堤>7日、北西の風が強く釣りづらかった。6番で25~28センチのグレ20匹。

 <蒲生田港>7日、東寄りの風が北西に変わった。中央付近で13時から3時間半ほど阿南市の人が2号のピンクの餌木で0・3キロ前後のアオリイカ6匹。風の向きが変わって釣りづらくなり納竿した。先端でメタルジグを投げた2人が型は未確認だがハマチとエソを数匹釣っていた。赤アミを餌にサビキ仕掛けでは日中は食いが悪かったが16時すぎから16~17センチのアジがぽつぽつ食い出したようだ。

 <恵比須浜>7日、少し波があった。8時までアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・3~0・6キロのアオリイカ6匹。暗いうちはアタリが多数あったがまだ小さいためか掛かりが悪かったようだ。近くで餌木を投げた人も0・3キロを1匹。

 <津田沖ノ一文字>6日、波が少し高かった。ルアーを投げた人が43センチのハマチ5匹。

 <古牟岐漁港>6日、少し波があり、ささ濁り。14時半から2時間半ほどアジを餌にサオを出した人が0・3~0・5キロのアオリイカ3匹。近くで取り込みにヤエンを使っていた人もよく釣っていたが未確認。

 [イカダ]<高知・甲浦>7日、波が高かったが次第に収まってきた。水温25・3度。3号でアオリイカを狙った人が0・3~0・4キロを10匹。

 <ウチノ海>6日、ヤカタでカカリ釣りをした人が20~25センチのチヌ10匹。別のヤカタで吸い込み仕掛けで型は未確認だがボラ15匹。別のサオでサビキ仕掛けで16センチ前後のアジ100匹。別の2人も同型を100匹と小型のサヨリを多数。

 [船釣り]<中林漁港沖>7日、自家用船で出掛けた人が午前中サオを出し25~30センチのマアジとマルアジ多数、20~25センチのサバ50匹余り。(県釣連盟報道部)