徳島新聞Web

1月18日(木曜日)
2 2
17日(水)
18日(木)
釣りだより
県釣連盟ク対抗チヌ釣り大会 徳島EFCが団体V 17日・中潮   2017/10/17 09:56
このエントリーをはてなブックマークに追加

県釣連盟ク対抗チヌ釣り大会 徳島EFCが団体V 17日・中潮 [磯]<福村・中林>15日、県釣連盟クラブ対抗チヌ釣り大会2回目が56人の参加で行われ、23センチ以上のチヌの重量を競った。水温23度前後で前日より少し低下した。早朝から小雨が降り、やみ間もあったが北東の風とともに次第に強く降り出した。14時までの競技の予定だったが少し風が強く、波も高くなり半時間ほど早く納竿となった。計量したのは18人で27~44センチを1~4匹。総重量は約22・5キロ。区域で分けた各船の最上位から順位を決定した。入賞団体と個人は次の皆さん(数字は重量で単位はグラム)。
 
 ▽団体<1>徳島EFC(木村・吉見)11290<2>徳島流遊会(宮本・妹尾)5695<3>カミツウ釣親睦会(井手・前川)5235

 ▽個人<1>吉見俊昭(徳島EFC)3165<2>岬英人(徳島磯物語)2525<3>谷脇弘教(磯楽会)2400
 
 1位の釣り座は中林の中ス胴で36~43センチを3匹。2位は沖ス谷ウラで29~40センチを4匹。3位は福村の大東ウラで31・5~34センチを4匹。

 <恵比須浦>15日、下り潮が流れ水温24・3から23・8度に下がった。大辰巳周辺のハエで25~32センチのグレ10匹と45センチのハマチ1匹。近くでも同型を2匹。
 
 <高知・甲浦>15日、少し波があり水温25度。エボシで底物を狙った人が33、44センチのイシダイと30、35センチのイシガキダイを各2匹。ビシャゴ西でアオリイカを狙った人が0・3~0・5キロを8匹。0・3キロ以下は多数釣れたが全て再放流。
 
 [イカダ]<高知・甲浦>15日、1号で33センチのグレ1匹と23~25センチの本ハゲ8匹。
 
 <ウチノ海>14日、ヤカタでカカリ釣りをした2人が20~35センチのチヌ11匹。別のヤカタでは餌木を投げ0・3キロ前後のアオリイカ9匹。近くで釣ったアジを餌に40センチのシオ1匹。別の7基のヤカタで合わせてアオリイカ35匹とケンサキイカ4匹、コウイカ2匹。サビキ仕掛けではイワシ、サヨリが多数あがった。
 
 [波止]<亀崎漁港>15日、キス釣りを初めてする人を対象に教室が開かれた。雨のやんだ10時半から1時間半、イシゴカイやゴカイに似せた疑似餌を使いチョイ投げで、10~15センチを主体に徳島市の村山さんと孫で小学生の遊塚啓太君が7匹。那賀町の樫栄さん夫婦が27センチを頭に6匹。阿南市の小学生・山下千尋さん親子が26センチを頭に7匹と17センチ前後のメゴチ2匹。
 
 <旧沖洲突堤>15日、7時半から7時間半、マムシとアオイソメ、イシゴカイを餌に投げ釣りで37センチのキビレと42センチのマゴチを各1匹、39、43センチのシタビラメ2匹。(県釣連盟報道部)
【写真説明】県釣連盟チヌ釣り大会2回目入賞者の皆さん