徳島新聞Web

1月18日(木曜日)
2 2
17日(水)
18日(木)
釣りだより
大島で28~40センチのグレ好調 24日・小潮   2017/11/24 10:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<沖洲>21日、午後から4時間、沖アミを餌にフカセ釣りで30~38センチのチヌ7匹と25センチのグレ1匹。午前中からいた人は、同型のチヌ7匹と25センチ前後のグレ5匹。

 <粟津離岸堤>21日、日没後の4時間、ヨウセイエビを餌に5番でメバルを狙った人が18~25センチを30匹。同所でルアーを使った人は同型のメバル10匹と30センチのアジ3匹。

 <小松島港沖ノ一文字>22日、30センチ級のグレが良く交じっていた。白灯付近では、25センチ前後を主体に30匹と25~30センチのマルアジ4匹。中央寄りでは2人が25~30センチのマルアジ40匹と30センチ前後のチヌ4匹。赤灯と中央の間でも25~30センチのマルアジ15匹と30センチ前後のグレ2匹。

 [磯]<中林>22日、出船時は穏やかだったが、午後から雨が降り南の風が少し吹き14時で納竿。高崎では、阿南市の小川巧さんが30センチのチヌ1匹と23~30センチのグレ24匹、25センチ前後のアイゴ2匹。

 <由岐>21日、水温19・7度でゆっくりとした上り潮。潮カブリでは30~41センチのグレ3匹。テグスは28~34センチのグレ6匹と33センチのシマアジ1匹、32センチのイサギ2匹。瀬ノハエは25~32センチのグレ5匹。

 <大島>22日、水温22度前後で上り潮。午後から南西の風が強くなり波が出て12時すぎで全船撤収となった。28~40センチのグレは本場回りの西ノ牙で9匹。源六とオシドリでサオを出した人は12匹。佐本回りのジョウギは10匹と30センチのイサギ2匹。マナイタの地は15匹。馬ノ背は16匹と30センチのイサギ1匹。ミッチャは18匹。ナデも11匹と34センチのイサギ1匹、38センチのアイゴ1匹。大バエは5匹と35センチのアイゴ1匹。21日は本場回り西ノ牙で9匹と33~37センチのイサギ8匹。マッチャンバエで8匹。ヒジカケは7匹と33センチのイサギ1匹。

 <高知・甲浦>水温22度で午後から雨、波も高くなってきた。烏帽子では33、38センチのグレ2匹と35センチのアイゴ、28センチのシマアジを各1匹。ヒナダンは38センチのグレ1匹。

 [イカダ]<高知・甲浦>22日、3号イカダでは0・2~1・1キロのアオリイカ11匹。(県釣連盟報道部)