徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
まちしごと
模擬起業で手応え 開発室受講生がエステやDIY   2016/2/21 11:40
このエントリーをはてなブックマークに追加

模擬起業で手応え 開発室受講生がエステやDIY 徳島新聞社と徳島大の連携プロジェクト・まちしごとファクトリーの実践型ワークショップ「スモールビジネス開発室」の受講生が20日、三好市池田町の本町通りで開かれた「うだつマルシェ」で、練り上げてきた事業プランを基に模擬起業を行った。

 美馬市脇町の広告会社が県産食材をPRする「キッチンカー」を出したほか、3人がそれぞれ高齢者向けパソコン指導、ハンドエステ、DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)のブースを出店。来場者の反応を確かめた。

 ビューティーサロンの開業を目指すフィットネスインストラクター河野佑香さん(38)=吉野川市鴨島町西麻植=は「寒い屋外での出店だったので、ハンドエステと足湯を組み合わせるなど、次に生かしたいアイデアが生まれた」と話した。

 3月5日に美馬市の脇町劇場オデオン座で成果発表を行う。
【写真説明】模擬起業でハンドエステを行う受講生(左)=三好市池田町の本町通り