徳島新聞Web

12月9日(金曜日)
2 2
9日(金)
10日(土)
まちしごと
サロン模擬起業に挑戦 開発室受講生、エステとランチ提供   2016/3/11 13:28
このエントリーをはてなブックマークに追加

サロン模擬起業に挑戦 開発室受講生、エステとランチ提供 徳島新聞社と徳島大の連携プロジェクト・まちしごとファクトリーの実践型ワークショップ「スモールビジネス開発室」の受講生が10日、美馬市脇町の飲食店「リンクポイントサイライ」で模擬起業に挑戦し、ハンドエステと特製ランチを提供した。

 ビューティーサロンの開業を目指す河野佑香さん(38)=吉野川市鴨島町西麻植、フィットネスインストラクター=が、サイライ店主の藤澤典行さん(31)と考案した酵素入りのランチメニューを女性12人に提供した。このうち7人にはハンドエステを施した。

 吉川東美(はるみ)さん(45)=阿波市市場町市場、飲食店経営=は「食とエステで美に一歩近づけた気がします」と満足そうだった。

 河野さんは「手応えを感じた。食と健康と美をサポートするサロンを目指したい」と話し、今夏にも徳島市内に店を構える予定。
【写真説明】参加者にメニューの説明をする河野さん(左端)=美馬市脇町の「リンクポイント サイライ」