徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
阿波おどり
選抜阿波おどり1日3公演実施 あわぎんホールに集約   2015/5/26 09:19
このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月12~15日に開く徳島市の阿波踊りの運営について協議する実行委員会の初会合が25日、徳島市のホテルサンシャイン徳島であり、期間中の選抜阿波おどり大会をあわぎんホールに集約して行うことを決めた。徳島市文化センターが耐震強度不足で休館中のため。有料演舞場は例年通り4カ所とする。前売り券は7月1日から販売する。

 8月12~15日の選抜大会は、昨年は市文化センターとあわぎんホールで1日2回ずつ開いた。今年はあわぎんホールのみの開催とし、公演回数は午前11時、午後1時半、同4時の1日3回に増やすことにした。

 11日の前夜祭はアスティとくしまで午前11時と午後3時、同7時の3回開く。

 有料演舞場は市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町の4カ所。無料は両国本町と新町橋の2カ所。観光客らが近い距離で踊りを楽しめる「おどりロード」「おどり広場」は両国橋南詰めなど計5カ所に設ける。

 実行委の事務局は、増収策として演舞場にネーミングライツ(命名権)の導入を検討していることも明らかにした。

 有料演舞場の料金は前売りでS席1900円、A席1700円、B席1500円、C席800円。7月1日午前10時から全国一斉発売し、チケットぴあ、セブンイレブン、ローソンなどの各店で販売する。当日券はコンビニや演舞場近くの特設売り場で購入できる。

 会合には委員や関係者約40人が出席した。



<関連>8/12-15は徳島市阿波おどりへ!選抜、演舞場情報