徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
18日(月)
19日(火)
阿波おどり
「飛鳥Ⅱ」を阿波踊りの乱舞で歓迎 小松島港   2016/8/13 10:27
このエントリーをはてなブックマークに追加

「飛鳥Ⅱ」を阿波踊りの乱舞で歓迎 小松島港 徳島市の阿波踊りに合わせ、日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」(5万142トン)が12日、小松島市金磯町の徳島小松島港金磯岸壁に入港した。乗客866人、乗員470人を歓迎する式典が岸壁であり、浜田保徳市長らが増山正己船長に特産のスダチなどを贈った。

 市阿波踊り振興会の黒潮連の40人も踊りを披露し、デッキから拍手が送られた。乗客らは同日夜に「飛鳥連」として徳島市の演舞場に踊り込み、その後、高松港に向かった。

 飛鳥Ⅱは、阿波踊りや高松市での花火を観賞するクルーズで11日夕に横浜港を出港していた。
【写真説明】「飛鳥Ⅱ」の乗客らを阿波踊りで歓迎する黒潮連の踊り子=小松島市金磯町の金磯岸壁