徳島新聞Web

11月22日(水曜日)
2 2
21日(火)
22日(水)
阿波おどり
徳島市の阿波踊りが開幕    2016/8/13 10:27
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年の徳島市の阿波踊り(市観光協会、徳島新聞社主催)が12日、幕を開けた。高みを目指して稽古に励んだ天水たちは情熱をほとばしらせ、研ぎ澄まされた美と技で観客をとりこにする。終戦翌年の1946年に復活して70年。踊りとともに歩み続けた街に軽快なぞめきのリズムが響き、「踊る阿呆(あほう)」と「見る阿呆」の笑顔の花が咲いた。

 徳島市の阿波踊りの開幕式が12日午後5時25分から、藍場浜演舞場で行われた。

 市観光協会の近藤宏章会長や遠藤彰良市長らが「世界に誇る阿波踊りを楽しんでください」などとあいさつした後、阿波おどり実行委員会の米田豊彦委員長が開幕を宣言し、テープカットした。

 先頭を切って、遠藤市長や観光姉妹都市・仙台市の伊藤敬幹副市長らが、藝茶楽(げじゃらく)と仙台すずめ踊りの踊り子と共に演舞場に踊り込み、開幕を祝った。



2016阿波踊り写真集