徳島新聞Web

11月22日(水曜日)
2 2
22日(水)
23日(木)
阿波おどり
阿波踊りの質問をAIが回答 県HPにサイト開設   2017/7/27 09:52
このエントリーをはてなブックマークに追加

 徳島県などは、人工知能(AI)を活用して阿波踊りに関する質問に4カ国語で答える専用サイトを、27日から8月16日まで県のホームページ(HP)に開設する。問い合わせ業務の効率化やAIによる回答の満足度を検証する実証実験で、AIを広く体感してもらうとともに、国内外の阿波踊り客の質問データを収集・分析して行政サービスの向上につなげる。

 チケットの購入方法や演舞場への経路、駐車場や公共交通機関の情報など、阿波踊りに関する質問を入力すれば、AIが一問一答形式で答える。約千の答えを初期段階として登録している。

 日本語、英語、中国語(簡体字)、韓国語の4カ国語に対応し、「演舞場ってどこ?」「せっかくだからお土産を買いたいな」など、話し言葉で入力してもAIが理解して最適の回答を表示する。

 県がHPを実証フィールドとして提供し、ソフトバンク(東京)が開発したAI搭載システムを導入した。多言語コールセンターの実績があるテレコメディア(同)が想定問答を作成。ウェブ制作などを手掛けるティファナ・ドットコム(同)がシステム設計などを担当した。

 飯泉嘉門知事は「AIを県民サービスの向上や業務効率化、インバウンド対応の進化につなげたい」としている。