徳島新聞Web

12月14日(木曜日)
2 2
14日(木)
15日(金)
阿波おどり
鳴門阿波踊り9日開幕 10年ぶり「八木節」登場   2017/8/8 11:06
このエントリーをはてなブックマークに追加

 鳴門市の阿波踊りが9日から11日までの3日間、市中心部の演舞場などで繰り広げられる。昨年に続いて吉本興業の芸人らが登場するほか、9日には群馬県桐生市から「八木節踊り」が10年ぶりに演舞場を彩る。

 JR鳴門駅西側に東西二つの有料演舞場が設けられ、市阿波踊振興協会の所属連など約30連が踊り込む。ゲストは9日が市阿波おどりPR大使の石田靖さん、10日が板東英二さんで、11日は吉本のお笑いコンビ「COWCOW」、タレントの上野優華さんが踊りを披露する。

 誰でも自由に参加できる「にわか連」は3日間とも、東演舞場が午後8時、西演舞場が同9時に踊り始める。

 開幕に先立ち、9日午前10時から鳴門公園千畳敷(鳴門町土佐泊浦)で「なると市連」が初踊りを披露する。

 8日午後6時半からは市文化会館で選抜阿波踊り大会もあり、同協会所属連によるステージが楽しめる。

 有料演舞場の前売り券(600円)は一部コンビニや市うずしお観光協会で販売している。当日券(800円)は両演舞場近くに設ける販売所で取り扱う。選抜阿波踊り大会の当日券(800円)は同観光協会や市文化会館などで購入できる。

 阿波踊り期間中の駐車場と交通規制は<別図>の通り。規制は午後6時半から同10時半まで。
鳴門阿波踊り9日開幕 10年ぶり「八木節」登場



阿波踊りの質問をAIが回答 県HPにサイト開設
阿波踊りに魅せられた「異国からの天水たち」