徳島新聞Web

9月23日(土曜日)
2 2
23日(土)
24日(日)
消費者庁移転
二階幹事長が県庁の消費者庁新拠点視察   2017/8/15 10:22
このエントリーをはてなブックマークに追加

二階幹事長が県庁の消費者庁新拠点視察 自民党の二階俊博幹事長が14日、徳島県庁を訪れ、消費者庁が県庁10階に設けた新拠点「消費者行政新未来創造オフィス」を視察した。県と県議会の最大会派・県議会自民党は二階氏に対し、消費者庁の全面移転に向けた取り組みの推進などを要請した。

 二階氏は、県選出の三木亨参院議員や林幹雄前経済産業相、鶴保庸介前沖縄北方担当相ら二階派の国会議員5人と訪問。職員の席を固定しないフリーアドレス制を採用しているオフィスの執務室や、県の事務スペース「とくしま消費者行政プラットホーム」を見て回り、テレビ会議システムを使って都内にいる岡村和美長官とやりとりした。

 視察後、県と県議会自民党が共同で、消費者庁の全面移転のほか、四国横断自動車道や阿南安芸自動車道の早期整備などを要請。二階氏は「今後の予算編成で実行に移せるよう努めたい」と応じた。

 二階氏は報道陣の取材に対し、消費者庁の全面移転について「地元の意気込みが満ちあふれている。(中央省庁の地方移転という)初の試みを成功させるために懸命の努力を誓いたい」と述べた。

 一行は県庁訪問に先立ち、四国横断道の徳島東、阿南両インターチェンジの予定地も視察した。
【写真説明】消費者庁の新未来創造オフィスを視察する二階幹事長(右)=県庁