徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
18日(月)
19日(火)
第13回こども県展 入賞・入選者
こども県展の入賞決まる 知事賞に巴さん・鎌倉さん   2017/10/8 16:43
このエントリーをはてなブックマークに追加

 美術を通じて子どもの豊かな感性や表現力を育む「第13回徳島県こども美術展(こども県展)」(県美術家協会、徳島新聞社など主催)の審査が16日、徳島新聞社であった。特別企画を含めて絵画と書写の両部門に1万2649点の応募があり、1698点の入賞・入選が決まった。

 特別賞第1席の県知事賞には、絵画部門が徳島聴覚支援学校中学部2年の巴優菜さん(13)=阿南市上大野町=、書写部門は半田小学校4年の鎌倉芽生さん(9)=つるぎ町=が選ばれた。

 県美術家協会の会員ら12人が審査。入賞・入選の内訳は絵画(応募3148点)、書写(4701点)のそれぞれに特別賞6点、特選12点、準特選18点。優秀賞は絵画244点、書写186点。入選はそれぞれ293点、476点だった。

 特別企画として8月に開かれた浮世絵展「写楽・歌麿とその時代」にちなみ、「人」をテーマにした作品展の審査もあった。絵画480点、書写4320点の中から各9点の特別賞など入賞・入選をそれぞれ119点、308点選んだ。

 入賞・入選作品は10月13日から17日まで、徳島市のあわぎんホールで展示。11月11、12の両日は阿南市羽ノ浦町の市情報文化センターで、同25、26の両日は美馬市脇町のうだつアリーナで巡回展を開く。


 詳しくは10月8日付朝刊の特集面をご覧ください。

【写真説明】[左]絵画部門・巴優菜さんの作品[右]書写部門・鎌倉芽生さんの作品


こども県展の入賞決まる 知事賞に巴さん・鎌倉さん



絵画の入賞・入選者名簿
書写の入賞・入選者名簿
特別企画の入賞・入選者名簿