配信元:共同通信PRワイヤー

2018-05-16

早稲田大学

早大生が地域企業と新規事業を創出する 富山県新規事業創造インターンシッププログラム参加企業決定

このたび早稲田大学(新宿区、総長:鎌田薫)は、2018年1月に富山県と締結した「就職支援・人材還流に関する協定」に基づいた「富山県新規事業創造インターンシップ」を8月、9月にかけて実施します。本インターンシップに参加する企業や日程等の概要が決まりましたので、ご案内します。

1.概要・目的:
本インターンシップは、「未来社会を創る」、「Uターン/Jターン/Iターンが起こす地域イノベーション」をテーマに、次世代アントレプレナー育成事業「WASEDA-EDGE人材育成プログラム」の教育手法とノウハウを富山県の地域価値に融合させることで、富山県における地域イノベーション、企業内新規事業創造に貢献できるアイデア創出を目指します。

2.内容:
富山県からの参加企業担当者と早大生がチームを組みます。ワークショップとインターンシップを組み合わせた構成で、アイデア創出からビジネスモデルの検証までを一気通貫で実施します。

・フェーズ1(ワークショップ)
日程:8月20日(月)~22日(水)
場所:大学コンソーシアム富山「駅前キャンパス」(CiCビル5階)

・フェーズ2(インターンシップ)
日程:8月23日(木)~9月11日(火)の期間で1週間(参加企業毎に異なる)
場所:参加企業内

・フェーズ3(ワークショップ)
日程:9月12日(水)~14日(金)
場所:大学コンソーシアム富山「駅前キャンパス」(CiCビル5階)

3.参加企業:株式会社スギノマシン、株式会社富山村田製作所、北陸電力株式会社、
株式会社CKサンエツ、YKK AP株式会社

4.対象・募集人数:早稲田大学の学部生及び大学院生 15名

<WASEDA-EDGE 人材育成プログラム>
文理融合で多様な人材によるイノベーション創出の場「社会デザイン工房『共創館』」を設置して、「アントレプレヌールシップ教育プログラム」などを提供することにより、事業化マインドを持った人材(EDGE人材)を育成し、我が国の持続的なイノベーション・エコシステムのハブ形成に貢献することを目指しています。詳しくは、WASEDA-EDGE 人材育成プログラムでweb検索してください。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、ニュースリリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースの製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは各ニュースリリース配信までご連絡ください。製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。