配信元:共同通信PRワイヤー

2018/06/14

ビーズ株式会社

アタッシュケース型だからバイクに積みやすい。
人気のキャンプツーリング向けクーラーバッグに新色発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年6月14日、同社アウトドア用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」より、バイクに積載しやすい平らなアタッシュケース型のソフトクーラーバッグ「ライダーズクーラーバッグ」において、新色のタンカラーを発売します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134977-O2-F34ho89h

 ツーリングキャンプにおいても、オートキャンプ同様、保冷のためのクーラーバッグは欠かせません。 しかし、従来のクーラーバッグは縦長あるいはトート型が多く、バイクに積むには不向きなものがほとんど。 そこで、DODは平積みしやすい低重心設計で、型崩れしにくい底板を入れたアタッシュケース型の「ライダーズクーラーバッグ」を開発し、昨年6月に発売しました。 それから1年、多くのバイカーのツーリングキャンプを支えています。 1~2人の食料や飲み物を入れるのにちょうどいい、平積みできてバイクに載せやすい、スタイリッシュだと、大変好評です。

 今回、バイカーのウェアなどとのマッチングが良いタンカラーを新色として展開。 バイクのデザインとの親和性や好みに合わせて選べるようにしました。 冷えたビールやアイスが美味しい、これからの季節に活躍します。

<製品特長(先行製品のブラックと共通)>
1.安定性を保つ低重心設計
 「ライダーズクーラーバッグ」はバイクのリアシート上でも安定する低重心設計です。 350mlの缶を12本入れても型崩れが起きないよう、ポリエチレンの底板が付属。 10箇所にDリングが付属しており、市販のツーリングコードで簡単に積載できます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134977-O74-l06k4IM1 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134977-O48-pdh694p5 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134977-O16-FIlrRt1x

2.極厚断熱ウレタン
 10mm厚のウレタンを使用し、断熱性を高めました。 保冷剤を併用することで保冷の持続時間を延長可能。 ボディー素材のターポリンも断熱性が高く、極厚ウレタンとの相乗効果で秋から冬にかけては保温効果も期待できます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134977-O20-t4jB1sIs 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134977-O78-W5U4EwMu

3.運搬しやすいデザイン
 バイクに簡単に積載できても運搬が大変では意味がありません。 「ライダーズクーラーバッグ」には、肩がけ用のショルダーベルトが付属。 バッグ本体にも3箇所のハンドルグリップを備えているので、バッグ単体でも簡単に持ち運ぶことができます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134977-O83-u6x86F8L 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134977-O35-PhCmbUoD 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134977-O28-rvJ9dIB2

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOD(ディーオーディー)
【商品名】ライダーズクーラーバッグ
【型番:カラー】CL1-523-TN:タン
【サイズ】外寸:(約)W27×D39×H9cm、内寸:(約)W25×D35×H8cm
【重量(付属品含む)】(約)800g
【容量】(約)7L
【静止耐荷重】(約)4.5kg
【付属品】ショルダーベルト
【材質】アウター:ポリエステル(ラミネートPVC)
    断熱材:発泡ポリエチレン、インナー:PEVA
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:5,600円)
【製品ページ】http://www.dod.camp/product/cl1_523_tn/

◯先行カラーのブラックはこちら
【製品ページ】http://www.dod.camp/product/cl1_523/

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、ニュースリリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースの製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは各ニュースリリース配信までご連絡ください。製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。