配信元:@Press

1,000万人の糖尿病予備軍の予防・治療を推進して健康寿命を延ばすことをコンセプトに様々な活動を推進・サポートする、一般社団法人日本メディカルヘルスケア協会(本部:東京都中央区銀座、代表理事:泰江 慎太郎)は、アンチエイジングや生活習慣病予防が期待できる栄養素としてトマトに多く含まれることで知られるリコピンを贅沢に含んだサプリメント商品、「LYCOPENE POWER(R)(以下 リコピンパワー)」を、2018年6月30日(土)に発売を決定したことをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158835/LL_img_158835_1.jpg
LYCOPENE POWER(R)

当協会の代表理事で、全国的にも数少ない糖尿病及び循環器のダブル専門医である医師・泰江 慎太郎(医学博士)がこの度開発したリコピンパワーには、高濃度リコピントマトから凝縮したリコピンが1粒あたり15mg配合されています。さらに「リコピンの吸収」という観点にもこだわり、毎日手軽に病気・老化予防対策が期待できる画期的な商品が誕生しました。


■商品概要
商品名 :LYCOPENE POWER(R)(リコピンパワー)
名称 :トマト色素含有加工食品
原材料名:エキストラヴァージンオリーブオイル、ビタミンE 含有植物油、
ヒマワリ油、黒胡椒抽出物ピペリン/ゼラチン、着色料(トマトリコピン)、
グリセリン、乳化剤、ミツロウ、β-カロテン
内容量 :24.6g(410mg×60粒)
価格 :6,800円(税込7,344円)
販売者 :一般社団法人日本メディカルヘルスケア協会
オンラインショップURL: https://www.shop.jmha.net/


■リコピンの期待できる効果と効能
(1) 高血糖、糖尿病予防
(2) コレステロール値改善
(3) 血圧上昇予防
(4) 心筋梗塞、動脈硬化の予防
(5) 光老化による“しわ”“たるみ”予防で美肌効果
(6) 疲労回復効果

リコピンは、病気や老化の原因となる活性酸素(細胞のサビ)を弱める抗酸化作用があり、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍以上抗酸化作用を持つといわれています。また、天然成分であるリコピンには過剰摂取による副作用のリスクはないことが知られています。


■リコピンパワーの五大特徴
(1) 毎日続けられる
一日摂取量目安15mgのところ、リコピンパワーでは1日2粒(30mg/日)
効率的に摂取可能→トマト8個分、ミニトマト24個分相当

(2) トマト嫌い、トマトジュース嫌いの方でも1日1回
簡単、短時間、効率的に高リコピン体質に

(3) 吸収率4.5倍にアップ!最高コンビ
リコピン&エキストラヴァージンオリーブオイルを絶妙に配合

(4) リコピンの吸収率を高める(バイオアベイラビリティ)
黒胡椒抽出物ピペリンを一緒に配合

(5) 生トマトやトマトジュース摂取時に気になる糖分はカット
品種や商品による血糖値上昇を気にする必要なし

トマト8個、ミニトマト24個分
https://www.atpress.ne.jp/releases/158835/img_158835_2.jpg


<一般社団法人日本メディカルヘルスケア協会ついて>
一般社団法人日本メディカルヘルスケア協会は、最先端の医療をベースに、糖尿病やメタボの予防を推進します。ドクター、健康運動指導士、管理栄養士等の健康関係オピニオンリーダーによる、「予防医療」「国際医療」「教育」「コンサルティング」などの事業によって多くの方の健康維持に寄与していきます。
長生きをするなら、ずっと健康でいたい。それは、長寿社会での切なる願いです。膨らみ続ける医療費に歯止めをかけ、豊かで健康的な生活をおくるために、最先端のメディカルサイエンスに基づいて「糖尿病の発症を予防し、健康寿命を延ばす」ことは、私たちの使命です。
1,000万人を超える糖尿病予備軍の方へ向けたヘルスケア、及びヘルスケア事業アドバイザーとして、健康を維持するための様々な活動を多面的に捉え、サポートします。

社名 : 一般社団法人日本メディカルヘルスケア協会
代表理事: 泰江 慎太郎
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15 銀座メディカルセンター4F
URL : https://www.jmha.net/
オンラインショップURL: https://www.shop.jmha.net/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、ニュースリリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースの製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは各ニュースリリース配信までご連絡ください。製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。