配信元:共同通信PRワイヤー

Compliance Solutions StrategiesのプラットフォームにTradeChannelが加わる

AsiaNet 75745 (1881)

【ニューヨーク2018年10月16日PR Newswire=共同通信JBN】世界の金融サービス業界のコンプライアンス担当者に複雑な規制要件の処理を可能にするグローバルなRegTechプラットフォームとして、CIP Capitalの傘下にあるCompliance Solutions Strategies(CSS)は、金融サービス業界へのポストトレード規制報告とデータ、システムの統合ソフトウエアのプロバイダーであるTradeChannelを買収した。TradeChannelはスウェーデンのストックホルムに本社があり、北欧市場の資産運用企業、年金基金、銀行、保険会社で構成される優良顧客層に、欧州市場インフラ規制(EMIR)と第2次金融商品市場指令(MiFID II)、証券金融取引規制(SFTR)の下でのデータ集約的報告要件に必要な取引報告オートメーションを提供している。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/748098/CSS_Logo.jpg

TradeChannelのミッションクリティカルな規制報告・データ統合ソリューションは、CSSの先端技術対応の規制コンプライアンス製品を大いに強化する。TradeChannelのポストトレード機能は、現在、持ち高上限監視、株式大量保有報告、ポストトレード監視などを含むCSSのTrade Monitoring and Analysisソリューションのバリュープロポジションを一層高める。TradeChannelはさらにCSSの世界展開を北欧市場へ広げ、TradeChannelの顧客はCSSの多様な規制コンプライアンス・ソリューションが利用可能になり、同時に広範なCSS RegTechプラットフォームの一部として、欧州、中東、アフリカの新しい領域を開く。

CSSのジョン・リー社長は「TradeChannelとその革新的な規制コンプライアンス製品の付加は当社既存のクラス最高のソフトウエア・ソリューションやサービスと完璧に適合する。TradeChannelのチームは接続性と規制取引報告で独自の技術と専門知識を開発してきており、CSSは顧客へ付加価値を提供し、欧州で拡大続ける展望が生まれる」と語る。

TradeChannelのミッケル・ムルドロプ最高経営責任者(CEO)は「この極めて魅力的な組み合わせがもたらす機会の広がりに喜びを禁じ得ない。CSSとTradeChannelが同じ価値を共有することはすぐ分かったので、CSSのプラットフォームに加わることにとても心地良さを感じた。CSSが現在提供する幅広い新しい規制コンプライアンス・ソリューションを、わが社の価値ある顧客に紹介することを楽しみにしている」と述べた。

▽TradeChannelについて
TradeChannelはポストトレード規制報告とデータ、システムの統合ソフトウエア・ソリューションで北欧金融業界を支援する大手ソフトウエア企業。その顧客層には北欧の大手の資産運用会社、年金基金、銀行、保険会社が含まれる。TradeChannelはスウェーデンのストックホルムに本社がある。

▽Compliance Solutions Strategies(CSS)について
CSSは金融サービス業界のコンプライアンス担当者に役立つ包括的で高度に補完的な技術主導の規制ソリューションを届けるグローバルなRegTechプラットフォーム。CSSプラットフォームのソリューションは、規制報告、規制データ管理、取引監視・分析、コンプライアンス・サービスを網羅する。CSSは世界の義務的規制とコンプライアンス要件のすべてに対応し、資産運用企業と代替投資ファンド、投資アドバイザー、ブローカーディーラー、銀行、保険会社の顧客層にサービスする。CSSは米国と欧州に広がるグローバルな足場を維持し、ニューヨーク市とソールズベリー(米コネティカット州)、ダブリン、ロンドン、パリ、ストックホルム、アムステルダムにオフィスがある。詳細はwww.CSSRegTech.com を参照。

▽問い合わせ先
Melissa Maleri
CSS Executive VP Global Marketing
mmaleri@cssregtech.com
860-596-8127

ソース:Compliance Solutions Strategies

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、ニュースリリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースの製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは各ニュースリリース配信までご連絡ください。製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。