徳島新聞Web

1月18日(木曜日)
2 2
18日(木)
19日(金)
主要
米軍基地に立ち入り、機体を調査 沖縄県警、ヘリ窓落下事故で   2017/12/14 13:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

米軍基地に立ち入り、機体を調査 沖縄県警、ヘリ窓落下事故で 沖縄県宜野湾市立普天間第二小運動場に、隣接する米海兵隊普天間飛行場に配備されているCH53E大型輸送ヘリコプターの操縦席窓が落下した事故を受け、県警は14日、米軍の協力が得られたとして、普天間飛行場内に立ち入り、事故機の状況を調べた。県警が明らかにした。
 在日米軍基地の管理権は日米地位協定で米側に委ねられており、今回の調査は異例とみられる。普天間飛行場では、捜査員とみられる数人が米軍関係者らと共に搭乗席近くで窓の状況を確認。県警によると、捜査員が窓の写真を撮るなどした。
 沖縄では、党派を超えて反発が拡大している。
【写真説明】 米軍普天間飛行場で、窓が小学校運動場に落下したCH53Eヘリコプターを調べる沖縄県警の捜査員とみられる関係者ら=14日午前、沖縄県宜野湾市



 1月18日 
 1月17日 
 過去 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報