徳島新聞Web

12月8日(木曜日)
2 2
8日(木)
9日(金)
科学・環境・医療・健康
米当局、五輪参加「個人の判断」 ジカ熱で見解   2016/2/9 12:20
このエントリーをはてなブックマークに追加

米当局、五輪参加「個人の判断」 ジカ熱で見解 【ワシントン共同】ジカ熱の感染が中南米で広がる中、半年後に迫ったブラジル・リオデジャネイロ五輪について、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は8日、「参加するかどうかは選手個人が判断することだ」と述べた。
 米国オリンピック委員会はホームページで「リオでの試合を楽しみにしており、選手が国のために競技することを妨げたりしない」とコメントした。
 米衛生当局はこれまで五輪参加の可否について公式見解を出していない。米国には有力選手も数多くいるだけに、選手の個別の判断が今後、国際的に注目を集める可能性もありそうだ。
【写真説明】 記者会見する米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長=8日、ホワイトハウス(AP=共同)



 12月8日 
 12月7日 
 過去 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報