徳島新聞Web

11月18日(土曜日)
2 2
18日(土)
19日(日)
科学・環境・医療・健康
てんかん発作予知の下着 京大がシステム開発中   2017/11/3 17:56
このエントリーをはてなブックマークに追加

てんかん発作予知の下着 京大がシステム開発中 てんかん発作の予兆を専用下着で察知して、スマートフォンで患者に知らせるシステムを開発していると、京都大や熊本大などのチームが3日、京都市で発表した。2012年の京都・祇園の暴走事故がきっかけ。医療機器として5年後の申請を目指す。
 下着はシャツで、京都府精華町の繊維メーカー「ミツフジ」が製作。胸の周辺に電極が編み込まれている。このシャツでてんかん発作前の特徴的な心拍の変化を察知すると、スマートフォンのアプリに情報が送られ、アラームが鳴る仕組み。
【写真説明】 開発中の、てんかん発作の予兆を察知する電極が編み込まれたシャツのイメージ=3日午後、京都市



 11月18日 
 11月17日 
 過去 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報