徳島新聞Web

12月14日(木曜日)
2 2
14日(木)
15日(金)
その他のスポーツ
スピードW杯、小平奈緒2種目V 女子最多   2017/11/18 01:05
このエントリーをはてなブックマークに追加

スピードW杯、小平奈緒2種目V 女子最多 【スタバンゲル(ノルウェー)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は17日、ノルウェーのスタバンゲルで開幕し、女子の小平奈緒(相沢病院)が500メートルを37秒08の好記録で、1000メートルを1分14秒33で制した。両種目合わせたW杯通算勝利数を14に伸ばし、岡崎朋美を抜いて日本女子単独最多となった。
 500メートルで昨季から続く国内外での連勝はW杯の11を含む19に伸び、1000メートルは第1戦に続く2連勝。1000メートルで小平と同走した高木美帆(日体大助手)は0秒46差の2位だった。
【写真説明】 女子500メートルで優勝し、手を振る小平奈緒=スタバンゲル(共同)



 12月14日 
 12月13日 
 過去 
プロ野球
大リーグ
サッカー
相撲
ゴルフ
高校野球
国際大会
その他のスポーツ
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報