徳島新聞Web

5月30日(火曜日)
2 2
30日(火)
31日(水)
高校野球
清宮が高校通算95号 早実は敗れる、関東大会   2017/5/22 15:58
このエントリーをはてなブックマークに追加

清宮が高校通算95号 早実は敗れる、関東大会 高校野球春季関東大会は22日、茨城県のひたちなか市民球場などで準々決勝が行われ、注目の強打者、早実(東京)の清宮幸太郎内野手は高校通算95本塁打を放ち、4打数1安打1打点だった。チームは昨夏の甲子園大会を制した作新学院(栃木)に4―8で敗れた。
 清宮は3番・一塁で出場。第3打席までは中飛、三振、捕邪飛だった。5点を追う八回1死の第4打席で、公式戦5試合連続本塁打となる特大のソロを右翼ポール際に運んだ。
 「それまでタイミングが合っていなかったが、最後はうまく飛ばせられた」と振り返ったが、チームは一回の4失点で主導権を握ることができずに敗退した。
【写真説明】 作新学院戦の8回に本塁打を放った早実・清宮=茨城県ひたちなか市民球場



 5月22日 
 5月21日 
 過去 
プロ野球
大リーグ
サッカー
相撲
ゴルフ
高校野球
国際大会
その他のスポーツ
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報