徳島新聞Web

1月18日(木曜日)
2 2
18日(木)
19日(金)
暮らし・話題
宮城・閖上の復興桜、植え替え 神戸グループと地元住民   2017/12/11 12:57
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城・閖上の復興桜、植え替え 神戸グループと地元住民 東日本大震災の発生から6年9カ月となる11日、津波被害に遭った宮城県名取市閖上地区で、神戸市など兵庫県のボランティアグループが地域住民と一緒に、復興のシンボルとしていた1本の桜の木を植え替える作業を行った。一部が枯れてきたため。
 神戸のグループは、阪神大震災時に受けた支援の恩返しをしようと2013年6月、閖上地区にある日和山の脇に大島桜1本を植えた。以来、閖上の住民が育て、神戸側は東日本大震災が起きた3月11日に犠牲者を追悼する竹灯籠を送るなど交流を重ねてきた。
 またこの日は、不明者やその手掛かりを求めて、岩手、宮城、福島の3県警が沿岸部で捜索を行った。
【写真説明】 神戸のボランティアグループと地域住民が新たに植えた大島桜=11日午後、宮城県名取市



 1月18日 
 1月17日 
 過去 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報