女性職員から花束を手渡され、笑顔を見せる遠藤市長=徳島市役所

 徳島市長選で初当選した遠藤彰良市長が18日朝、市役所に初登庁した。

 公用車で出勤した遠藤氏は午前8時15分ごろ、市役所正面玄関前の市民広場に到着。支持者や職員約100人が出迎えた。市長室がある8階では廊下の両側に並んだ職員約60人から拍手を受け、女性職員から花束が手渡されると、にこやかな笑顔で応えた。

 市長室で遠藤市長は記者団から新町西地区再開発事業について問われ、「私の中で結論は決まっている。まずは白紙撤回に向け、地権者と話し合いたい」と語った。

 事務引き継ぎの後、午前10時から管理職約200人を前に就任あいさつ。「透明で希望がある市政に向け、行政のプロである皆さんが日頃考えていることを、しっかりと聞いていきたい。一緒に汗をかいて、いい市をつくっていこう」と呼び掛けた。