期間限定で販売している土産品「あさてつまんじゅう」

 阿佐海岸鉄道(海陽町)は、利用客の土産品として「あさてつまんじゅう」を作った。町内のイベント会場などで不定期に販売しており、人気が出れば、駅や観光施設での常設販売を検討する。

 まんじゅうは5個入り700円(税込み)。直径5・5センチの円形で、細かく刻んだ徳島県産ユズの皮が練り込まれた白あんを、卵や小麦粉などで作った皮で包んでいる。パッケージは同社の車両をモチーフにした箱形のデザインで、乗車の記念に購入してもらおうと考案した。県のマスコットキャラクター「すだちくん」などの焼き印も押してある。

 2月から製造を開始。海部川風流(ふる)マラソンのメイン会場で販売したほか、宍喰駅などで不定期に売っている。5月1日までは、道の駅宍喰温泉(同町久保)で購入できる。

 同社は「食べ物のお土産なら手に取りやすいと考えた。観光客の思い出づくりになればうれしい」としている。