認定証を受け取った平石さん(左)と、原口さん=板野町のあすたむらんど徳島

 板野町のあすたむらんど徳島で、徳島市出身の猪子寿之社長率いるIT会社・チームラボ(東京)が手掛ける「デジタルアート展」の累計来場者が28日、5万人となり、会場で記念イベントが行われた。2月27日から55日目での達成となった。

 5万人目は、徳島市末広4の平石瑠那さん(22)と、小松島市日開野町高須の原口愛理さん(22)=いずれも看護師。記念のくす玉を割った後、花束や認定証を受け取った。平石さんは4回目、原口さんは2回目の来場で、2人は「今まで体験したことのないような感覚を楽しめ、何度見ても飽きない。また来たい」と語った。

 アート展は、会場に約10万個のLEDを配し、宇宙空間を表現した高さ2・7メートル、幅4・3メートル、奥行き7・4メートルの作品を設置。来場者は作品の中を歩きながらスマートフォンを操作し、銀河や惑星などを出現させて楽しむ。5月8日まで。